言語・コミュニケーション・情報

言語・コミュニケーション・情報

 

「言葉は考えを表す」Words represent ideas. (p.15) represent「~を表す」「示す」(= stand for)「~を代表する」/representation「代表」「表現」/representative「代表者」「代表の」「表している」/refer to A「Aを指示する」「Aに言及する」「Aを参照する」/refer to A as B「AをBと呼ぶ」(=call AB)/reference「言及」「参照」

「言語を習得する」acquire a language (p.16) acquire「(言語・技術など)を習得する」「~を獲得する」/acquisition「習得」/acquired「習得された」「後天的な」

「子供の言語能力」the linguistic ability of children (p.192) linguistic「言語の」「言語学の」/linguist「言語学者」/linguistics「言語学」

二人の語学力には格段の違いがある。There’s a marked difference in their linguistic abilities.

「子供の認知能力」children’s cognitive ability (p.268) cognitive science「認知科学」/cognition「認知」「認識」

「先天的な学習能力」innate ability to learn (p.307)= inborn

「言葉を発する」utter a word (p.225) utter「~を述べる」/utterance「言葉を発すること」「発言」/utter nonsense「全くのナンセンス」

「言語は人間特有のものだ」Language is unique to humans. (B p.61) unique「独特の」「唯一の」「特有の」/uniquely「比類なく」「独特に」

「言語を理解する能力」the ability to comprehend language (p.212) comprehend「~を理解する」(= understand, grasp)/comprehension「先例」「前例」/comprehensible「理解できる」

「話し言葉は書き言葉に先行する」Speech precedes writing. (p.214) precede「~に先行する」「(時間的に)先立つ」/preceding「(時間・順序において)前の」「先の」⇔ following「次の」/precedent「先例」「前例」/unprecedented「先例のない」「空前の」

「言語の本質」the nature of language (p.317)

「母語」a native language (p.83) native「母国の」「原住民の」「生まれ故郷の」「(ある土地の)生まれの人」

「共通の言語」a common language (p.80) common「共通の」「公共の」「普通の」「ありふれた」/have A in common (with B)「(Bと)Aを共有する」/common sense「常識(的判断力)」/the common people「一般大衆」/commonplace「ありふれた」

私たちの社会は長年,共通の言語で結ばれている。

Our society has long been knit together by a common language.

「人類の言語の特徴」feature of human language (p.54) feature「特徴」「顔立ち」「呼び物」「特集記事」「~を呼び物とする」「特集する」

「この語は何を指示するか」What does this word refer to? (P.11)

「その言葉の意味を解釈する」interpret the meaning of the word (p.108) interpret「~を解釈する」「~を通訳する」/interpretation「解釈」「通訳(すること)/interpreter「通訳」

「単語の意味を明らかにする」clarify the meaning of the word (p.277)

「その語の文字通りの意味」the literal meaning of the word (p.198)

「深い意味」a profound meaning (p.191) profound「深い」「(影響・変化などが)大きい」

「その言葉を省く」omit the word (p.220) omit「省く」「省略する」= leave out

 

「言語の起源」the origin of language (p.71) origin「起源」「生まれ」「出身」/original「最初の」「独創的な」「原物」「原型」「原作」/originate「起こる」「始まる」/originality「独創性」

「この語はラテン語に由来する」This word derives from Latin.(P.32) derive「由来する」「(利益・喜びなど)を引き出す」/A derive from B = A be derived from B「AはBに由来する」/derive A from B「BからAを引き出す」

「言葉の適切な使い方」the proper use of words (p.84) proper「適切な」「ふさわしい」「礼儀正しい」

「最も適切な語」the most appropriate word (p.98) ⇔ inappropriate「不適切な」

「イギリス人は『リフト』と言うが、アメリカ人は『エレベーター』と言う」The British say “lift,” whereas Americans say “elevator.” whereas「だが一方」「~であるのに」

「言葉の壁」the language barrier (p.153) barrier「障害」(+ to)

「微妙な違い」a subtle difference (p.191)

「細かい違い」minute difference (p.333)

「表面的な違い」a superficial difference (p.263) superficial「うわべの」「浅薄な」

「違いを識別することができる」can discern the difference (p.275) = distinguish, perceive

「違いを説明する」account for the difference (p.332)

「区別をぼやかす」blur the distinction (p.276) blur「ぼやける」「ぼやけたもの」/blurred「ぼやけた」

「しばしば使われる言葉」a frequently used word (p.103) frequent「よく起きる」「高頻度の」/frequency「頻度」

「俗語表現」slang expressions (p.295)

おじいさんは最近の若者の話す俗語の半分は、彼にとってちんぷんかんぷんだと言っている。

My grandfather says that half the slang spoken by young people these days is Greek to him.

「新語を作り出す」coin a new word (p.344)

「正確にその語を発音する」pronounce the word correctly (p.122) pronounce「(単語など)を発音する」「~と言う」「断言する」/pronunciation「発音」

「外国の言葉でしゃべる」speak in a foreign tongue (p.341) mother tongue「母語」

「流ちょうなフランス語を話す」speak fluent French (p.196) be fluent in A「A(言語)をすらすら話せる」/fluency「流ちょうさ」/fluently「流ちょうに」

「英語をあやつる能力がある」have a good command of English (p.335)

「語学の才能がある」have a gift of languages (p.338) gifted「才能ある」= talented

「簡潔な説明」a brief explanation (p.101) brief「短い」(= short)/in brief「手短に言うと」

「わかりやすい言葉遣い」straightforward language (p.306) straightforward「簡単な」「率直な」

「コミュニケーションの手段」a means of communication (P.324)

「コミュニケーションの手段」the medium of communication (P.56) medium「手段」「媒体」「中間の」/medium size「並の大きさ」

「意志伝達の手段」a vehicle of communication (P.138) vehicle「車」「乗り物」「(伝達)手段」「媒体」

「お互いに考えを伝え合う」communicate with each other (B p.18) communicate with A「Aと考えを伝え合う」/communicate A to B「BにAを伝える」/communication「意思伝達」「コミュニケーション」

「言葉によるコミュニケーション」verbal communication (p.193) nonverbal「言葉を用いない(ジェスチャーなど)」

「非言語的な合図を読み取る」read nonverbal cues (p.251) cue「手がかり」「きっかけ」

「耳が聞こえない人のための手話」sign language for deaf people (p.196) blind「盲目の」/turn a deaf ear to A「Aに耳を貸さない」

「コミュニケーションの障害」an obstacle to communication (p.161) obstacle「障害」「じゃま(な物)」

「この文脈における意味」the meaning in this context (p.48) context「文脈」「(文化・社会的な)状況」「背景」(= situation)

「文章から推量することができる」can be inferred from the passage (p.221)

「相互の理解」mutual understanding (p.189) mutual「相互の」「共通の」(=common)

「彼を理解できない」fail to understand him (p.328) Never fail to V「いつもVする」= always V/without fail「必ず」

「率直に話す」speak frankly (p.272) frank「率直な」/to be frank (with you)「率直に言えば」(= frankly speaking)

「誤解を招く表現」a misleading expression (p.260) misleading「誤解を招く」「まぎらわしい」/mislead「~を謝った方向に導く」「だます」

「どちらとも取れる答え」an ambiguous answer (p.265)/ambiguous「あいまいな」「多義的な」/ambiguity「あいまいさ」「多義」

「彼の言うことを理解する」grasp what he is saying (p.116) grasp「~を理解する」「つかむ」「理解力」「つかむこと」「届く範囲」

「彼の言うことに注意する」attend to what he says (p.318) attentive「注意深い」

「彼の話に集中する」concentrate on what he is saying (p.26) concentrate「集中する」「(注意など)を集中させる」/A concentrate on B「AがBに集中する」「専念する」/concentrate A on B「AをBに集中させる」/concentration「集中」

「彼が何と言おうと重要ではない」It doesn’t matter what he says. (p.324)

「君が何と言おうと気にしない」I don’t care what you say. (p.327)

「意見を述べる」state an opinion (p.323)

「彼の主張を証明する」prove his point (p.339)

「雄弁な演説」an eloquent speech (p.309)

「『人種のるつぼ』という比喩」the metaphor of the “melting pot” (p.254) metaphor「比喩」「隠喩」

「中身のない美辞麗句」empty rhetoric (p.292)

「メッセージを伝える」transmit messages (p.114) transmit「~を送る」「伝える」「(病気など)をうつす」「伝染させる」/transmission「伝達」「伝導」

「インターネットでメッセージを伝える」convey a message on the Internet (p.131)

「彼と話す機会」an opportunity to talk to her (p.65)

「見知らぬ人に話しかける」talk to a stranger (p.71) stranger「(場所に)不案内な人」/I’m a stranger around here.「この辺はよく知らないんです」

「友達とおしゃべりをする」chat with friends (p.132) chat「おしゃべりする」「おしゃべり」/have a chat「おしゃべりする」/chatter「ぺちゃくゃしゃべる」「うるさく鳴く」

「彼に話をするように促す」prompt him to speak (p.124) prompt「~を促す」「すばやい」「敏速な」/prompt A to V「AにVするように促す」/promptly「すばやく」/take prompt action「すばやい行動をとる」

「アメリカ人と会話する」have conversations with Americans (B p.31) 「英会話学校」(private) English school/「英会話を習う」take English lessons/learn English/「英会話が得意」be good at (speaking) English

「生き生きとした会話」a lively conversation (p.193) lively「生き生きとした」「元気な」/alive「生きている」⇔ dead

「機知に富んだ会話」a conversation full of wit (p.246) wit「ウィット」/at one’s wits’ end「途方に暮れて」/witty「機知のある」「気の利いた」

「ちょっと話があるんですが」Could I have a word with you? (p.337)

「会話で主導権をにぎる」take the initiative in conversation (p.231) initiative「主導権」「自発性」「独創性」/initial「最初の」/initiate「~を始める」「(計画など)に着手する」

「その話題について話す」talk about the topic (B p.51) topic「話題」「論題」

「話題を変えよう」Let’s change the subject. (p.330)

「彼らの会話をじゃまする」interrupt their conversation (p.112) interrupt「~を妨げる」「中断する」「口をはさむ」/interruption「妨害」「中断」

「情報を集める」collect information (B p.21) collect「(情報・お金など)を集める= gather」「収集する」/collection「集めること」「収集」/collector「集める人[装置]」「収集家」

「地元の方言を話す」speak the local dialect (p.170)

「イタリアなまりの英語」English with an Italian accent (p.344)

「5000語の語彙」a vocabulary of 5,000 words (p.74)

「単語を覚えるコツ」a trick for memorizing words (p.346)

「実用的な英語」practical English (p.97) practical「現実的な」/practically「ほとんど」(= almost)「実際的に」

「現代英語の語法」modern English usage (p.166)/usage「使用(法)」

「英語特有の表現」expressions peculiar to English (p.180) peculiar「独特の」「固有の」「変な」「妙な」/peculiarity「特性」「特色」/The custom is peculiar to Japan.「その習慣は日本独特のものだ」

「その本は平易な英語で書かれている」The book is written in plain English. (p.183) plain「明白な」「わかりやすい」「簡素な」「無地の」「平野」

「正確な情報」accurate information (p.100) accuracy「正確さ」

「情報の洪水」a flood of information (p.58) flood「洪水」「殺到」「~を水びたしにする」「押しよせる」

「情報源」a source of information (p.65) source「源」「出所」

「その男に関する情報を得る」get information about the man (B p.28)

「彼に関する情報を得る」obtain information about him (p.40)

「彼に情報を与える」provide him with information (p.3) provide「~を供給する」「与える」/provide A with B=provide B for [to] A「AにBを与える」/provide for A「Aに備える」「Aを養う」/provision「供給」「用意」/provided = providing「もし~ならば」(= if)

「ぼう大な量のデータ」large quantities of data (p.61) quantity「量」/large quantities of A「多量のA」⇔ quality「質」

「大量のデータ」a great deal of data (p.327)

「莫大な量の情報」an immense amount of information (p.266) immense「計り知れぬ」/immensely「ものすごく」

「広範囲の情報」a wide range of information (p.51) range「範囲」「領域」「(範囲などが)及ぶ」「またがる」

mountain range「山脈」/range A from B「AからBに及ぶ」

「コンピュータに情報を蓄える」store information in a computer (p.331)

「データを消す」erase the data (p.221) = wipe off, rub off

「情報を検索する」retrieve information (p.283) retrieve「~を取り戻す」/retrieval「検索」「取り戻すこと」

「みんなが利用できる情報」information available to everyone (p.81) available「手に入る」「利用できる」「(人が)手が空いている」(= free)/be available to A「Aに利用できる」

「情報志向の社会」an information-oriented society (p.261) be oriented (towards A)「(Aに)関心がある」

A-oriented「Aに関心がある、A志向の」/orientation「適応」「方向づけ」「オリエンテーション」/the Orient「東洋」/Oriental「東洋の」

「最近のニュース」recent news (p.95) recently「最近」「先ごろ」/nowadays「近ごろ」「今日では」

「中国からの最新のニュース」the latest news from China (p.102)

「そのニュースについて論評する」comment on the news (B p.24) comment「論評する「批評する」「コメントする」「論評」「コメント」/comment on A「Aについてコメントする」/commentator「(ニュースなどの)解説者」

「メディアによるその事故の報道」media coverage of the accident (p.293) coverage「報道」「放送」

「政治についての論説」a discourse on politics (p.291) discourse「論説」「談話」「演説」

「新聞の記事」a newspaper article (p.334)

「新聞のコラムを書く」write a newspaper column (p.254) column「コラム」「円柱」

「新聞の大見出し」a newspaper headline (p.240) headline「大見出し」「主なニュース項目」

「トップニュースの記事」the top news item (p.338)

「インターネットの出現」the advent of the Internet (p.293)

「インターネットを利用できる」have access to the Internet (p.61) access「利用する権利」「接近」「入手(する方法)「(情報など)を利用する」/have access to A「Aを利用できる」/accessible「行ける」「利用できる」

「中国のインターネット検閲制度」Internet censorship in China (p.299) censor「~を検閲する」

「言論の自由を制限する」restrict freedom of speech (p.111) restrict「~を制限する」「限定する」(=limit)/be restricted to A「Aに制限されている」/restriction「制限(条件)」「限定」

「出版の自由」the freedom of the press (p.338) press「マスコミ」「報道陣」

「信じられない話」an incredible story (p.196) incredible「途方もない」/incredibly「信じられないほど」

「彼の旅行の話」a narrative of his journey (p.288) narration「語り」

「ヨーロッパ人と接触する」come into contact with Europeans (B p.34) contact「接触」「交流」「(人)と連絡をとる」「~と接触する」/come into [in] contact with A「Aと接触する」「(人・文化など)と触れ合う」「交流する」/eye contact「アイコンタクト」(話すときなど人と目をあわせて意思の疎通をはかること)

「読み書きのできるインド人」literate people in India (p.198)

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

健康・医学

次の記事

自然科学