大阪大学2021年 第1問

大阪大学2021年

第1問

(A)

One of the oddest aspects of American culture is our general dismissal of commensality.

アメリカ文化の最も奇妙な側面の一つに、我々は一般的に共生を嫌う点がある。

 

Most human cultures have considered food preparation and consumption, especially consuming food together, as essential to family, tribal, religious, and other social bonds.

ほとんどの人間の文化は、食べ物の調理と消費、特に誰かと食事をすることは家族、部族、宗教やその他の社会的な絆にとって不可欠のものと考えてきた。

 

Some people would go even further and say that as social creatures, eating together makes us more socially adept and indeed happier human beings.

さらに、社会的動物として我々が食事を共にすることで人付き合いがさらによくなり、実際もっと幸せになると言う人もいるだろう。

 

However, in our highly individualistic society the value of eating and drinking together is probably honored more in the breach than in the observance.

しかし、我々のような個人主義的傾向の強い社会では、飲食を共にする価値は、おそらく守られる場合より破られる場合の方が尊重されるだろう。

 

(B)

In language, the relationship between the form of a signal and its meaning is largely arbitrary.

言語において、シグナルの形と意味の関係は恣意的である。

 

For example, the sound of “blue” will likely have no relationship to the properties of light we experience as blue nor to the visual written form “blue,” will sound different across languages, and have no sound at all in signed languages.

例えば、blueという音はおそらく我々がblueとして経験する光の特性とも、またその文字の形とも無関係だろう。そしてその発音は言語間で異なっているし、手話では全く発音されない。

 

No equivalent of “blue” will even exist in many languages that might make fewer or more or different color distinctions.

blueということばに相当するものは、色の識別数が英語よりも少ない、多い、または異なる多くの言語では存在さえしない。

 

With respect to language, the meaning of a signal cannot be predicted from the physical properties of the signal available to the senses.

言語に関しては、シグナルの意味は知覚できるシグナルの物理的特性から推測することはできない。

 

Rather, the relationship is set by convention.

むしろその関係は因習によって決定される。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です