2011年~2020年

2011

(A)

Silence is an act of nonverbal communication that transmits many kinds of meaning dependent on cultural norms of interpretation. Our tendency to describe silence as an absence of speech reveals a particular cultural bias, implying that something is missing, but silence is a “something” with purpose and significance. Silent behavior occurs in all societies, although its message varies both between and within different groups. It conveys meaning, as does all communication, partly from the situational and interactional contexts of its use. Emphasizing the “use” of silence also focuses on the fact that silence does not simply exist but is actively created by participants.

沈黙は言葉によらないコミュニケーション行為の一つであり、文化的な解釈基準によって様々変わる意味を伝える。沈黙を発話の欠如だと言う我々の傾向は、ある特定の文化的先入観の表れであり、何かが足りないということを示唆しているが、沈黙とは目的と意味をもった何かである。沈黙という態度はあらゆる社会で行われる。ただし、異なる集団同士の間で、また集団内でもそのメッセージの内容は変わる。沈黙はあらゆるコミュニケーションと同様に、ある程度それが使われる状況的、相互作用的文脈から意味を伝える。沈黙の「利用」を強調することは、沈黙が単に存在するだけでなく当事者によって積極的に作り出されているという事実を強調することにもなる。

 

(B)

Freedom of the mind requires not only, or not even especially, the absence of legal constraints but the presence of alternative thoughts. The most successful tyranny is not the one that uses force to assure uniformity but the one that removes the awareness of other possibilities, that makes it seem inconceivable that other ways are viable, that removes the sense that there is an outside. It is not feelings or commitments that will render a man free, but thoughts, reasoned thoughts.

精神の自由には、法的な制約がないというだけでなく(または特にというわけでもなく)、また別の考えが存在することが必要である。最も成功している独裁政治とは、暴力を用いて画一性を確保する体制ではなく、他の可能性があることに気づかせない、別のやり方が実現可能であるなど考えもさせない、別の世界があるという認識を取り除いてしまう体制なのである。人を自由にするのは感情や(社会)契約ではなく、考え、しかも筋の通った考えである。

 

2012

(A)

Culture is not something in opposition to biology; rather, culture is the form that biology takes in different communities. One culture may differ from another culture, but there are limits to the differences. Each must be an expression of the underlying biological commonality of the human species. There could not be a long-term conflict between nature and culture, for if there were, nature would always win; culture would always lose.

文化は(人間の)生物的性質(=本能)と対立するものではない。むしろ、文化は様々な社会の中で(人間の)生物的性質(=本能)が取る形態である。確かに文化はそれぞれ異なっていようとも、その文化間の相違には限界がある。各文化は、人類の根底にある生物としての共通性を表現したものに違いない。自然(人間の生物的性質=本能)と文化との間には長期に渡る対立はありえない。仮にそのような対立があれば、自然(人間の生物的性質=本能)が常に勝ち、文化が常に負けるからである。

 

(B)

What is cinema and what is a film? A mere hundred years old, the cinema has ―― in its different manifestations ―― become at once so obvious and so ubiquitous that one hardly appreciates just how strange a phenomenon it actually is. Not only an extraordinary entertainment medium, a superb story-telling machine, it also gives a kind of presence and immediacy to the world unparalleled elsewhere, and undreamt of before the cinema was invented. Nothing else seems to give such intense feelings; nothing involves people so directly and tangibly in the world out there and in the lives of others.

映画界、そして映画とは何か。ほんの100年の歴史しかない映画界は、様々な形を取りつつ、当然のどこにでもあるためにそれがいかに不思議な現象かを人が正しく理解することはほとんどない。映画は並外れた娯楽の手段、とびきり上等な物語の機械であるのみならず、他のどこにも存在せず、映画の発明以前は夢想だにされなかった世界に、一種の存在感と臨場感を与える。他のいかなるものも、映画ほどの強烈な感情を与えるとは思われないし、映画ほど目前の世界や他者の人生に、人々を直接的かつ具体的に関与させるものはない。

 

2013

(A)

The fundamental reason why exceptional creativity and genius tend to elude institutional training is that they arise from many elements, such as motivation and personality, whereas schools, colleges, and universities focus chiefly on only one element: intelligence. Whatever intelligence consists of ―― and there is still no consensus after a century of intelligence testing ―― it does not appear to be the same as creativity. Intellectual skills and artistic creativity surely do not mutually exclude each other, but neither do they necessarily accompany each other.

並外れた創造性や天才的才能が学校教育に合わない傾向がある根本的理由は、それらが動機付けや個性などの多くの要素から生じ、一方学校や大学は主にたった一つの要素すなわち知能だけに焦点を当てる。知能が何から成り立っているにせよ(そして1世紀におよぶ知能テストの後でもいまだ意見の一致もないが)、それは創造性と同じものだとは思われない。確かに知力と芸術的創造性は互いに排除し合うものではないが、どちらもお互い常に伴う(両立する)とは限らない。

 

(B)

Like Galileo, Newton stressed the importance of comparing theories and models with experiments and observations of the real world, and always carried out relevant experiments himself, whenever possible, to test his ideas. This is so deeply ingrained as part of the scientific method today that it may seem obvious, even to non-scientists, and it is hard to appreciate the extent to which, even into the seventeenth century, many philosophers would speculate about the nature of the physical in an abstract way, without ever getting their hands dirty in experiments. The classic example is the argument about whether two different weights dropped from the same height at the same time would hit the ground together.

ガリレオと同様にニュートンは理論・モデルを現実世界の実験・観察と比較することの重要性を強調し、自分の考えを検証するために常に自ら関連のある実験を可能な限り行った。このことは今日の科学的手法の一つとしてあまりにも深く浸透しているため、科学者でない人々にとっても明らかなように思われるかもしれない。そのため17世紀に入っても多くの哲学者は実験で自らの手を汚すことなく自然界の本質についてどの程度まで抽象的に思索していたかを正しく理解することは困難である。代表的な例としては、同じ高さから同時に落とされた2つの異なる重さの物体が同時に地面に到達するかについての議論がある。

 

2014

(A)

It is true that science requires analysis and that it has fractured into microdisciplines. But because of this, more than ever, it requires synthesis. Science is about connections. Nature no more obeys the territorial divisions of scientific academic disciplines than do continents appear from space to be colored to reflect the national divisions of their human inhabitants.

科学が細分化を必要とし、小さな学問分野に分けられてきたのは事実である。しかし、このために科学は今まで以上に総合を必要としている。科学とはつながりに関するものである。大陸は宇宙から見るとそこに住む人々の国家的区分を反映するために色分けされているように見えないのと同様に、自然は科学の学問分野の領域区分に従わない。

 

(B)

One way in which we evade responsibility for our actions is to hide behind the advice of others. Indeed, one of the main reasons we ask other people what they think is that we hope they agree with what we want to do, and so provide external validation for our choice. Lacking the courage of our own convictions, we seek strength in those of others.

我々が自分のとった行動の責任を回避する一つの方法は、他人の忠告を隠れ蓑にすることだ。実際他人にその人が何を考えているかを尋ねる主な理由の一つは、我々がしたいと思っていることをその人に同意し、それゆえ我々の選択に対して外部から妥当性を認めてもらいたいからである。我々は自分自身の信念に対して勇気を持っていないため、他人の信念に強さを求めるのである。

 

2015

(A)

Of the total energy produced on Earth since the industrial revolution began, half has been consumed in the last twenty years. Disproportionately it was consumed by us in the rich world; we are an exceedingly privileged fraction. Today it takes the average citizen of Tanzania almost a year to produce the same volume of carbon emissions as is effortlessly generated every two and a half days by a European, or every twenty-eight hours by an American. We are, in short, able to live as we do because we use resources at hundreds of times the rate of most of the planet’s other citizens.

産業革命が始まって以来地球上で生産された全エネルギーのうち半分がこの20年間で消費された。不均衡なことにそれは豊かな世界にいる我々によって消費された。我々は並外れた特権的少数派なのである。今日、タンザニアの平均的市民が排出するのに1年近くかかる排出するのと同量の二酸化酸素を、一人のヨーロッパ人が2日半ごとに、あるいは一人のアメリカ人が28時間ごとに苦もなく排出している。要するに、我々が現在のように生活できるのは、地球上の他の大半の市民の数百倍もの割合で資源を使っているからである。

 

(B)

Humor is the broad term used to describe situations, characters, speech, writing or images that amuse us. At the physical level, it is no more than an involuntary response to a stimulus ―― laughter. Although we can imitate this in social contexts where we feel an obligation to be polite, genuine laughter comes upon us spontaneously; it is beyond our control. It may be a motor response, but we seek our experiences that will result in laughter, and if we don’t get the physical reaction, we don’t feel that we have been amused.

ユーモアとは、我々を楽しませる状況、性格、話し言葉、書き言葉やイメージを説明するために使われる広い意味をもったことばである。身体的な基準では、ユーモアは刺激に対する無意識の反応に過ぎない。すなわち笑いである。我々は気配りをしなければいけないと感じる社交の場面で作り笑いをすることはできるが、本当の笑いは自然発生的にこみ上げてくるものである。我々はそれを制御できない。それは筋肉運動の反応であるかもしれないが、我々は笑いを引き起こす経験を期待し、そのような身体的反応が得られない場合には楽しい思いをしたとは感じない。

 

2016

(A)

Human beings are good at finding all the ways in which to be creative within prescribed limits ――painting inside a rectangular frame, writing in iambic pentameters or composing a sonnet.

人間は、長方形の中に絵を描いたり弱強五歩格を書いたり十四行詩を作ったりするなど、所定の制限内で創造的であるあらゆる方法を見出すのが得意である。

Scientists sometimes like to study how that creativity occurs, what it achieves, and where else to look for inspiration.

科学者はそのような創造性がどのようにして生じるか、それが何を成し遂げるか、そして他のどこに閃きを求めるべきかを研究したいと思うときがある。

Many artists are nervous about scientific analysis.

多くの芸術家は科学的分析に不安を感じている。

They fear its success, worried that art might lose its power, or they might be diminished, if the psychological roots of their work and its impact on us were exposed.

芸術家はもし自分の作品、そしてその作品が我々に与える影響の心理(学)的根拠が明らかになったら、芸術はその力を失うかもしれない、または自分たちの権威が貶められるかもしれないと心配して、その分析が成功することを恐れている。

 

(B)

From a broad range of early cultures, extending back to about a million years, natural objects began to be used as tools and implements to supplement or enhance the capacities of the hand.

およそ100万年前に遡ること、初期の広範囲の文化から、手の能力を補ったり高めたりするために、自然物が道具や器具として使われ始めた。

For example, the hand  is capable of clawing soil to dig out an edible root, but a digging stick or clam shell is also capable of being grasped to do the job more easily, in a sustainable manner, reducing damage to fingers and nails.

例えば、食べられる根を掘り出すために、手は土を掻き出すことができるが、掘り棒や二枚貝の殻もそれを握ることによって指や爪の損傷を減らしながらその作業をもっと簡単に、持続的に行うことができる。

 

2017

(A)

The advantage of the scientific approach over other ways of knowing about the world is that it provides an objective set of rules for gathering, evaluating, and reporting information, such that our ideas can be refuted or replicated by others.

科学的手法が世界に対して知る他の様々な方法より優れているのは、我々の考えが他の人たちによって反証されたり再現実験されたりできるなど、情報を収集・評価・報告するための一連の客観的な規則が得られる点である。

This does not mean that intuition and authority are not important, however.

しかし、だからと言って、直感や権威が重要でないというわけではない。

Scientists often rely on intuition and assertions of authorities for ideas for research.

科学者は研究の発想について直感や権威の所説に頼ることが多い。

Moreover, there is nothing wrong with accepting the assertions of authority as long as we don’t accept them as scientific evidence.

さらに、科学的な証拠として受け入れるのでない限り、権威の所説を受け入れることに何ら問題はない。

 

(B)

Animals that are active at night usually have large eyes that let them make use of any available light.

夜に活動する(夜行性の)動物は、通常、利用できる光なら何でも使えるようにする大きな目を持っている。

With owls, the eyes are so big in comparison to the head that there is little room for eye muscles, meaning owls can’t move their eyes.

フクロウについては、頭部に比べて目が非常に大きいため、目の筋肉を収納する余地がほとんどない。これは、フクロウは目を動かせないということである。

Instead, owls must move their entire head to follow the movement of prey.

その代わりに、フクロウは獲物の動きを追うために頭部全体を動かす必要がある。

However, having fixed eyes gives owls better focus, with both eyes looking in the same direction.

しかし、目が固定されているおかげで、両目が同じ方向を見ているためフクロウはうまく焦点を合わせることができる。

And even though it seems that owls can twist their head completely around, most owls turn their head no more than 270 degrees in either direction.

そしてフクロウは頭部を完全に一周回せるように見えるとしても、ほとんどのフクロウは左右のいずれにも270度しか回さない。

 

2018

(A)

Glowing older is an activity we are familiar with from an early age.年をとることは、幼いときから馴染んでいる活動である。

In our younger years upcoming birthdays are anticipated with a glee that somewhat diminishes as the years progress.若い頃は、近づいてくる誕生日を楽しみにして待つものだが、この喜びは年月が進むにつれて少し小さくなっていく。

Our younger selves feel that time moves slowly, whereas, with advancing years, time seems to fly at an ever-quickening pace.若い頃の私たちには,時はゆっくりと進むように感じられるが,歳をとるにつれ,時はますます速度を早めながら飛ぶように過ぎ去っていくように思われる。

And late in life, or when a person is faced with a terminal illness no matter what their age, the sense of a finite amount of time remaining becomes acute, and there may be a renewed focus on making the most of one’s allotted time in life.そして,高齢になったり,年齢を問わず末期の病を患ったりした場合には,限られた時間しか残っていないという思いが痛切なものとなり,自分に割り当てられた人生の時間を最大限に活かすことに改めて重きを置くことになるのかもしれない。

 

(B)

Culture is the location of values, and the study of cultures shows how values vary from one society to another, or from one historical moment to the next.文化とは、価値観が宿るところであり、諸文化の研究は価値観が社会によって、あるいは歴史上のある瞬間から次の瞬間に移るとどのように変わるかを明らかにする。

But culture does not exist in the abstract. しかし、文化は抽象世界に存在しているのではない。

On the contrary, it is inscribed in the paintings, operas, fashions, and shopping lists which are the currency of both aesthetic and everyday exchange.それどころか文化は,美的および日常的やり取りの通貨 たる絵画,オペラ,ファッションおよび買い物リストといったものに刻み込まれている。

Societies invest these artefacts with meanings, until in many cases the meanings are so “obvious” that they pass for nature.社会はこのような人工物に意味を与え,その意味はついには自然なものとみなされるほどに「あたりまえの」もの となっていくことが多い。

Cultural criticism denaturalizes and defamiliarizes these meanings, isolating them for inspection and analysis.文化批評はこのような意味から自明性を剥ぎ取って異化し、調査や分析ができるように意味を分離するのである。

 

2019

(A)

In December 1877, Thomas Edison made history by recording ‘Mary Had a Little Lamb’ on his phonograph and playing it back. 1877年12月、トーマス・エジソンは「メリーさんの羊」を自作の蓄音機に録音、再生して歴史を築いた。

This was not just ‘an epoch in the history of science’, it was a revolution for the human voice.これは「科学の歴史の新時代」というだけでなく、人間の声にとっての革命でもあった。

Before then, hearing someone talk was exclusively a live experience: you had to be listening as the sounds emerged from the speaker’s mouth. それ以前は、誰かが話すのを聞くことは生の経験だけであった。つまり話者の口から音声が出てくるときに耳を傾けていなければならなかった。

We can read the text of great speeches that predate the phonograph, like Abraham Lincoln’s Gettysburg Address, but how exactly the president delivered the lines is lost forever. アブラハム・リンカーンのゲティスバーグの演説のような、蓄音機が発明される前の偉大な演説の文書を読むことはできるが、リンカーン大統領がその言葉をどのように発したかは永遠に失われた。

The phonograph captured the way things are said, and this can be just as important as the words themselves. 蓄音機は物事がどのように言われるかをとらえたが、これは言葉そのものと同じくらい重要である場合がある。

When someone says ‘I’m all right’, the tone of their voice might in fact tell you they are not all right. 誰かが「私は大丈夫」というとき、その声の調子が実際には「大丈夫ではない」と伝えているかもしれない。

 

(B)

In recent years, study after study examining exercise and weight loss among people and animals has concluded that, by itself, exercise is not an effective way to drop pounds. 近年、人や動物の運動と減量を調べた研究が次々と、運動だけでは体重を減少させる効果的な方法ではないという結論を下している。

In most of these experiments, the participants lost far less weight than would have been expected, mathematically, given how many additional calories they were burning with their workouts. このような実験のほとんどにおいて、運動でどれほど余分にカロリーを燃焼しているかを考慮に入れて比較すると、参加者の体重の減少は計算上予測されていたよりもはるかに少なかった。

Scientists involved in this research have suspected and sometimes shown that exercisers, whatever their species, tend to become hungrier and consume more calories after physical activity. この調査に関わった科学者は、運動するものはどんな種でも運動後にはより空腹になり、いっそう多くのカロリーを摂取する傾向があると考え、ときにはそれを証明してきた。

 

2020

(A)

Perhaps the most defining feature of deep friendship is “doing for,” as when my friend has my back in a combat situation or brings me soup or medicine when I’m sick.

深い友情の最も典型的な特徴は、戦っている状況で自分を支えてくれたり、病気のときにスープや薬を持ってきてくれたりする場合のように、「その人のために何かをすること」かもしれない。

Only strong bonds, built through embodied mutual activities, have the power to motivate real sacrifices.

互いに具体的な行動をすることを通じて築く強い絆だけが、本当に犠牲を払おうとする気にさせる力がある。

But it is unclear why online “friends” would bother to do the hard work of friendship.

しかし、ネット上の「友人」がなぜわざわざ友情という辛い仕事をしようとするのかは、はっきり分からない。

 

(B)

Attention restoration theory looks at the two main types of attention that humans employ: directed and undirected attention.

注意回復理論は、人が払う主に2つのタイプの注意に注目している。すなわち方向性注意と非方向性注意である。

Directed attention requires us to focus on a specific task and block any distractions that may interfere with it.

方向性注意は我々が特定の作業に集中し、それを妨害するおそれのあるあらゆる邪魔者を遮断することを要求する。

For instance, when we are working on a math problem, or engrossed in reading a literary passage or in assembling or repairing an intricate mechanical object, our brains are totally dedicated to the task at hand, requiring our direct undivided attention.

例えば、数学の問題に取り組んでいたり、文学作品の一節を読むこと、また複雑な機械を組み立てたり修理したりすることに熱中していると、我々の脳は目の前の作業に完全に専念し、その結果、我々の直接的な集中した注意を要する。

After we complete the task we often feel mentally fatigued or drained.

その作業が完了すると我々は精神的に疲れたり消耗を感じることが多い。

Conversely, when we are outdoors, we may enjoy observing patterns or a sunset, clouds, flowers, leaves or a beautiful meadow, which call on our undirected attention.

逆に、屋外にいるとき、我々は様々な模様や夕日、雲、花、草木の葉、美しい草原を見て楽しむかもしれないが、このとき我々の非方向性注意を使っている。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

2001年~2010年