上智大学2018年(神・総合人間・経・外)第4問

上智大学2018年(神・総合人間・経・外)第4問

第1段落

みなさんは、気候変動(地球温暖化)に対して日頃何かしているか尋ねられたら何と答えますか?

「何もしていない」と答える人は、「なぜ何もしていないのか」と理由を尋ねられるでしょう。

その理由は時代とともに変わります。最初は「地球温暖化なんて問題ではない」。次は、「問題のスケールが大きすぎて、どうしていいか分からない」。他に「中国だって化石燃料を燃やしているよ」という答えが考えられます。また、「もし地球温暖化に対して何かすれば、経済にマイナスの影響を及ぼすよ」という答えがあり、これが一番多くの人が挙げる理由です。

The list of reasons for not acting on climate change is long and ever-shifting. First it was “there’s no problem”; then it was “the problem’s so large there’s no hope.” There’s “China burns stuff too,” and “it would hurt the economy,” and, of course, “it would hurt the economy.” The excuses are getting old, though.

 

第2段落

何もしない理由は時代とともに変わると言っても、決してなくならない答が一つあります。それは質問する人に向かって「お前は偽善者だ」という答です。つまり、地球温暖化を問題視している人も、生きている以上、化石燃料が作った世界に暮らし、地球温暖化を引き起こしているくせに何を偉そうに言うんだ、というのです。

確かに、私たちは車を運転し、家を建て,明かりをつけ、子どもを育てている。目が覚めた瞬間から私たちが行う行動のほとんどすべては、何らかの形で化石燃料(石油・石炭・天然ガス)を燃やすことと関係している。

それでも、私はなるべくそうしない努力をしています。例えば、太陽光発電にしたり、太陽熱温水器を取り入れたり、電気自動車を買ったり・・・それでも、自分が地球温暖化に対して大いに役立っているなどと自惚れてはいませんよ。なぜなら、電気自動車を製造するにもエネルギーが必要だからです。

どんなに努力しても、世界のエネルギー供給から正当に受けとるべき割当分をはるかに超えるエネルギーを消費しています。

But still, there’s one reason that never goes away, one excuse not to act: “you’re a hypocrite.” I’ve heard it ten thousand times myself ―― how can you complain about climate change and drive a car/have a house/turn on a light/raise a child? Actually, I’m fully aware that we’re stuck in the world that fossil fuel has made, that from the moment I wake up, almost every action I take somehow burns coal and gas and oil. I’ve done my best, at my house, to reduce it: we’ve got solar electricity, and solar hot water, and my new car runs on electricity ―― I can plug it into the roof and thus into the sun. But I try not to confuse myself into thinking that’s helping all that much: it took energy to make the car, and to make everything else that streams into my life. I’m still using far more than any responsible share of the world’s energy supply.

 

第3段落

ある意味、そこが重要ポイントなのです。つまり、個人がいくら努力しても限界があるのですよ。化石燃料システムから私たちが抜け出せない以上、変わらないといけないのは個人ではなく、システムなのです。私たち一人一人が、大気がどうなるかというスケールの大きな問題に対して違いをもたらすほど素早く行動することは無理です。

でも総人口の10%が変えようと努力すれば、いや15%が頑張れば・・・残念ながら大して変わらない。気候変動がたどる道は同じでしょう。

And, in a sense, that’s the point. If those of us who are trying really hard are still fully stuck in the fossil fuel system, it makes it even clearer that what needs to change are not individuals but precisely that system. We simply can’t move fast enough, one by one, to make any real difference in how the atmosphere comes out. Here’s the math: maybe 10 percent of the population cares enough to make strenuous efforts to change ―― maybe 15 percent. If they all do all they can, in their homes and offices and so forth, then, well…nothing much shifts. The path of our climate horror stays about the same.

 

第4段落

しかし、もし10%の人が、電球をLEDに変えた後、一丸となってシステムそのものを変えようとしたら?それで十分です。十分すぎるほどです。石油・石炭・天然ガスを使っている産業界の力に対抗するためにはそれで十分であって、法律を制定する議員を説得して炭素を排出するたびにお金を払わせるにもそれで十分でしょう。この時点では私たちは「聖人」である必要はありません。みんなガソリン代などが値上がりし、当座預金の残高に注意している限り、少しだけ「偽善者」(環境破壊をしながらも、環境破壊を批判する人)になればよいのです。それくらいなら私でも何とかできます。

But if 10 percent of people, once they’ve changed the light bulbs, work all-out to change the system? That’s enough. That’s more than enough. It would be enough to match the power of the fossil fuel industry, enough to convince our legislators to put a price in carbon. At which point none of us would be required to be saints. We could all be a little hypocritical, as long as we paid attention to, say, the price of gas and the balance in our checking accounts. Which even someone like me can manage.

 

第5段落

私は大学の学長たちが投資の撤収という話題について盛り上がったときに、こっそり学長たちから次のようなことを聞いたことがあります。「学生たちが車で通学しなければちゃんと学生たちの話を聴くんだけど。」ある程度、これはなるほどと思えます。しかしまた一方、ひどい責任回避とも言えます。若者たちは学長に対して石油会社に対抗するように求めています。その中で最も熱心に要求している人たちは悲しいほどの理想主義に燃えています。もちろん自分に対しても厳しい人たちです。もしあなたが学長であり、石油会社に対抗しようとする立場なら、気候変動を否定して科学に敵対することに莫大な資金をつきこんできた業界を弱体化できるかもしれません。あなたが学生たちに車で通学するのを止めるように言っても結果は変わりません。学生たちがあなたに要求している行動にはある程度見込みがあります。だから、あなたがそれを実行しないと、不道徳とみなされます。

As college presidents begin to feel the heat about divestment, I’ve heard from several who say, privately, “I’d be more inclined to listen to kids if they didn’t show up at college with cars.” Which in one sense is fair enough. But in another sense it’s avoidance at its most extreme. Young people are asking college presidents to stand up to oil companies, (And the one doing the loudest asking are often the most painfully idealistic, not to mention the hardest on themselves.) If as a college president you do stand up to oil companies, then you stand some chance of changing the outcome of the debate, of weakening the industry that has poured billions into climate denial and fighting against science. The action you’re demanding of your students ―― less driving ―― can’t change the outcome. The action they’re demanding of you has at least some chance. That makes you immoral, not them.

 

第6段落

確かに学生さんたち車で大学に来るより電車で来てくれた方がいい。でも学生さんたちは学長に石油会社への投資を撤収するように求めることで学長よりも問題の核心に迫っているのです。学長がそのような行動を起こさないのは、一つは面倒だから、それから大学の評議員と対立したくないからです。つまり基本的に現実的でない対応をしてしまったのです。もしあなたが大学の学長で学生たちが車の通学を止めるまで何もしないと主張したとしたら、道徳に反するし、馬鹿だと思われるでしょう。たとえエネルギー効率のいい美術館を建てたり、自転車専用道路を設置したりしても、駄目です。プリウスに乗ってもやっぱり駄目です。

Yes, students should definitely take the train to school instead of drive. But by advocating divestment, your students have gotten much closer to the heart of the problem than you have. And you ―― because it would be uncomfortable to act, because you don’t want to confront the board of trustees ―― have offered a basically unrealistic response. If you’re a college president making the argument that you won’t act until your students stop driving cars, then clearly you’ve failed morally, but you’ve also failed intellectually. Even if you just built an energy-efficient fine arts center, and installed a bike path, you’ve failed. Even if you drive a Prius, you’ve failed.

 

第7段落

プリウスに乗ったらなおさらまずいでしょう。というのは、ある意味、自分は「プリウスに乗っているんだから」と言うことで行動を起こさない言い訳になってしまうから。 確かに有言実行は素晴らしい。食料品を買いに行くのにわざわざ軍用車みたいな車を運転するよりはるかに立派です。しかし、私生活やキャンパス内でも、正しい行動をするだけではこれまで言ってきたように十分ではありません。しかも、それだけでは気候変動に追いつかない。また、プリウスに乗ることで気候変動に対処するために必要な難しいことをしなくてもよいという精神的慰めを与えてくれるかもしれません。この問題を解決しようと思ったら、キャンパス内でも、国全体でも、地球全体でも、私たちが一人の市民としての役割を果たすことが必要です。一人一人にやるべき職務があり、そのうち何一つとして簡単なものはありません。

Maybe especially if you drive a Prius. Because there’s a certain sense in which Prius-driving can become an out, an excuse for inaction. It’s nice to walk/drive the talk; it’s much smarter than driving a semi-military vehicle to get your groceries. But it’s become utterly clear that doing the right thing in your personal life, or even on your campus, isn’t going to be enough and in time, and it may be providing you with sufficient psychic comfort that you don’t feel the need to do the hard things it will take to get the job done. It’s in our role as citizens ―― of campuses, of nations, of the planet ―― that we’re going to have to solve this problem. We each have our jobs and none of them is easy.

 

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

頻出基本イディオム70

次の記事

東大全訳問題と解答