ストレスについて

■Do Japanese have I-want-to-be-healed syndrome?(日本人は癒されたい症候群?)

Are Japanese seeking “healing”?(日本人は「癒し」を求めている?)

Aromatherapy, healing, color therapy, healing idols, gardening, healing music …(アロマセラピー、ヒーリング、カラーセラピー、癒し系アイドル、ガーデニング、ヒーリング・ミュージック…)
We find these words everywhere from department stores to stores for household goods to bookstores to mail-order products.(デパートや雑貨店、書店、通信販売、あらゆるところで見掛けるこれらの文字。)

It’s been quite a while since healing goods became popular in Japan, especially with young women.(日本で、若い女性を中心に「癒し(ヒーリング)グッズ」が人気になって久しい。)
Japan has always been called a stressful society, but why are Japanese today so desperate to be “healed”?(「日本社会はストレス社会」とは昔から言われているが、日本人はなぜここまで「癒されたい」のだろう?)
We tried to find out what’s behind this ubiquitous word “healing.”(「癒し」という言葉が氾濫する、その背景を探ってみた。)

Why “healing”?(なぜ「癒し」なのか?)

Is there any reason for this “healing” boom?(「癒し」ブームの背景には何か事情があるのだろうか。)
We interviewed some people in the business.(業界に話を聞いてみた。)

Desire to heal oneself?(「自分で治したい」願望)

Aromatherapy is the most typical of all the healing methods.(アロマセラピー、数ある癒しメソッドの中でも代表格的存在だ。)
Most people must have seen the rows of small, nicely packaged bottles in department stores or household goods’ stores.(デパートや雑貨店で、きれいにパッケージされた小瓶が売られているのを目にしたことのある人も多いだろう。)

Aromatherapy is translated in Japanese as ‘Fragrance therapy’ and has a long history in the West.(アロマセラピーは「芳香療法」と訳され、欧米では古い歴史を持つ。)
It was introduced into Japan rather recently, in mid-80’s.(日本に紹介されたのは1980年代の半ば、と歴史が浅い。)
It’s a treatment to make your mind and body healthier with fragrance of essential oils extracted from herbs and fruits.(ハーブや果物から抽出される精油(エッセンシャルオイル)の香りの効用を利用して、心身を健康にする療法だ。)
It’s the European version of “Chinese medicine.”(「漢方薬」の西洋版と考えればよい。)
There are more than 100 types of essential oil which you can use for massaging; in the bath and in many other ways.(エッセンシャルオイルの種類は100以上にわたる上、肌につけてマッサージする、風呂に入れる、など使用法もさまざまだ。)
Beginners may find it complicated, but aromatherapy is very popular with women.(素人が手を出すには難しそうだが、女性の間では大いに人気がある。)
With a long list of benefits that include “when you want to have a sound sleep… ” or “to be relaxed… “, they try and smell all kinds of aromas to decide what to buy.(彼女たちは「リラックスして眠りたいときは」「緊張感を和らげるには」などの効用が並ぶリストを手に、香りを吟味しては買っていくのだ。)

“The boom of aromatherapy reached its peak in 1996. Today, the situation is different,” says Ms. Erika Moriyasu, who runs a store of aromatherapy in the prefecture of Okayama.(「『ブーム』としてのアロマセラピーは実は1996年がピークでした。今は当時とは状況が変わってきています」と語るのは、岡山県内でアロマセラピーの店を経営する守安エリカさん。)
According to her, the boom took off after women’s magazines took up aromatherapy all at once in 1996.(1996年、女性誌が「アロマセラピー」をいっせいに取り上げたことから、人気に火がついたという。)

“In those days, most women were buying from curiosity.(「当時は物珍しさで買っていく人がほとんどでした。)
They thought it looked fun or cool.(『なんか面白そう』『おしゃれな感じ』と。)
Not any more.(今は違います。)
Our customers today have serious health or mental problems.(最近は体や精神の深刻な悩みを抱えた人が店に来るようになりました。)
Once in a while, we even see people suffering from depression.”(鬱病気味の方もたまにいらっしゃいます」)

It’s noteworthy that the clientele has changed in just four years. Does it have anything to do with the times?(たった4年で客層が変わるとは注目すべきことだが、時代と関係あるのだろうか?)

“It’s not the times that have changed.(「時代が変わったのではない。)
I think aromatherapy is now recognized as a natural cure instead of cool-looking goods.(アロマセラピーが『おしゃれなグッズ』としてではなく、『自然療法の一つ』として認知された、ということではないでしょうか。)
Japanese have found the true meaning of aromatherapy.”(日本人が本来の『アロマセラピー』の意味をようやく知り始めた、ということでしょう」)

Ms. Moriyasu says essential oils are imported as general merchandise and not yet as “medicines”.(守安さんによると、エッセンシャルオイルを日本に輸入する際は「雑貨」扱いになり、「薬」扱いにはならないという。)
They cannot be recommended by doctors, either, as something well-established (could be an infraction of Pharmaceutical Law); their benefits are still under study.(その効用は研究段階にあるため、医者も、はっきりと「効果があります」と薦めることはできない(薬事法違反になる)。)
Many doctors doubt their effects while others — the number is increasing — are studying aromatherapy for use in their practice.(まだ「マユツバモノ」と見る医師は多いが、反面、医療にアロマセラピーを導入しようと研究している医師も増えている。)

“As a matter of fact, our business is changing, too.(「実際、うちの店の形態も変わりつつあります。)
We are now selling more as a wholesaler to facilities for the aged and medical institutions, ” says Ms. Moriyasu.(小売店として一般のお客様に売るより、老人福祉、医療関係の施設に品物を卸すケースが増えています」と守安さんは言う。)
Isn’t it that Japanese with mental or health problems don’t trust hospitals and they prefer healing themselves?(それは裏返せば、心や体の不安を訴える日本人が病院を信用していない、自分で治したいと思っていることの反映ではないだろうか?)

“That’s true to a certain extent.(「それはあると思います。)
Suppose you have insomnia and you get sleeping pills from a hospital, you may worry about their side effects and you may also be afraid of getting addicted.(例えば同じ『眠れない』という悩みにしても、病院で睡眠薬をもらうと、副作用を気にしたりします。依存癖がつくのではないか、薬漬けにされるのではないか、という心配があります。)
With aromatherapy, you can study it on your own with books and you can ‘heal yourself’ adjusting the quantity as you like.(アロマセラピーの場合は、自分で本を読んで勉強することもできるし、量を加減したりして『自分で治す』ことができますよね。)
It seems the preference of ‘natural cure’ to ‘hospital drugs’ is getting stronger.”(『病院でもらう薬』よりも『自然療法』という傾向は強まっていると思います」)
The popularity of aromatherapy comes from people’s desire to take care of their own body.(アロマセラピー人気の裏には、「自分の体は自分で管理したい」という人々の意識が働いている。)

■Handiness is the key(「お手軽感」がポイント)

In the pet business today, small animals like hamsters and ferrets are selling well.(ペットビジネスでは最近ハムスター、フェレットなど小動物が人気を呼んでいる。)
Is this tendency related with the “healing” boom?(この傾向は「癒し」ブームと関連があるのだろうか?)
We interviewed Mr. Yasujirou Mishima, editor-in-chief of the monthly magazine, “Anifa”.(月刊誌「アニファ」(Anifa)の三嶋康次郎編集長にお話を伺った。)

“Anifa” is a pet magazine with an emphasis on small animals, first published in 1994.(「アニファ」は1994年に創刊された小動物中心のペット情報誌である。)
In Japan, there have always been magazines about dogs, cats, tropical fish, etc. Since the publication of “Anifa,” the first of its kind, similar magazines were launched one after the other.(日本には「犬」「猫」「熱帯魚」などを扱う雑誌は昔からあったが、小動物にターゲットを絞った「アニファ」が創刊されてから、類似誌が次々創刊されたという。)
What did the publisher have in mind?(創刊の意図とは?)
Did they try to ride on the “healing boom”?(やはり、『癒しブーム』に乗って、という理由があったのだろうか?)

“We didn’t necessarily want to ride on that boom.(特にブームに乗って、というのはなかったのです。)
The main reason for the publication was we wanted a new type of magazine about small animals with an emphasis on animals rather than owners.(「『今までにない、小動物を扱った雑誌』『飼い主主体型でなく、動物主体型の雑誌』を作りたかったというのが主な理由でした。)
But later, while we were interviewing many people, we found animal therapy and those who wanted to be healed by their pets. So we had close-up articles on them.”(ただ、取材を重ねていくうちに、アニマルセラピーやペットに癒されたいという人たちの存在に気が付きました。それで、そこに焦点を絞った記事を載せるようになったわけです」)

The word pet reminds us more of dogs and cats.(ペットというと犬、猫を連想する。)
Why are small animals like hamsters and ferrets so popular?(ハムスターやフェレットなど小動物が大人気なのはなぜだろう。)

“As far as Japan is concerned, housing problems are the main reason.(「日本の場合、住宅事情が大きな理由ですね。)
You can have small animals even in apartments where dogs and cats aren’t allowed.(犬、猫は駄目でも小動物ならマンションでもアパートでも飼える。)
Small animals don’t bark, they don’t need training and you don’t have to take them out for walks.(小動物は鳴かないし、しつけもいらない、散歩に連れてゆく必要もない。)
Their handiness must be the reason people like them.”(この『お手軽感』が人気を呼んでいるのではないでしょうか」)

Mr. Mishima also points out the change in working women’s life in Japan.(さらに三嶋さんは、日本女性の働き方の変化を指摘する。)

“I mean, today, there are more working women living by themselves.(「つまり、『一人暮らしのOL』が増えたということですね。)
Before, it was unusual for women to work after college or to come to big cities and work living by themselves.(昔は大学を出て働く人も多くなく、大都市に出てきて一人暮らしをしてまで働く、ということはあまりなかったのです。)
It’s these women who have small animals today and that also explains their popularity.”(そんな女性たちが小動物を飼う。人気の背景にはこのような事情があると思います」)

Is that so?(なるほど。)
These working women living alone want something relaxing when they come home.(こういった女性たちは1人で生活し、仕事で疲れて帰ってきた時に、ほっとなごみたい。)
But they are too busy to have something special.(でも、忙しいから手間はかけられない。)
Small animals satisfy their need perfectly.(小動物は、そんな需要を満たすのにぴったりだ。)
In other words, the number of single working women seeking something like that is increasing.(裏返せば、そういうものを求める「一人で働く女性」が増えているということだ。)

For this article, we have asked many Japanese when they feel most “healed”.(今回、多くの人に「あなたはどんな時に一番『癒される』と感じるか」と尋ねてみた。)
Typical answers were from working women “While seeing photo albums of dogs”, “While looking at a Japanese dormouse, which is enough to purify my mind.”(すると「犬の写真集を眺める」「ヤマネの写真を見る。見るだけで心がピュアになる」など、働く女性からの意見がことのほか多かった。)
A working woman told us she relaxes looking at (pictures of) small animals.(あるOLは「小動物(の写真)を見てリラックスする」と語った。)
Good sales of photo albums of animals, which only have few texts, may have the same motivation as for small animals.(活字の少ない、動物の写真集が流行っているのも、小動物人気と同じ動機が働いているのかもしれない。)

■Are women more stressed?(ストレスは女性の方が多い?)

Those who buy healing goods or have pets are mostly women.(さて、「癒しグッズ」を買ったり、ペットを飼うのは圧倒的に女性だ。)
“Anifa” doesn’t target just women, but an overwhelming majority of its readers are women in their 20s and 30s.(『アニファ』は特にターゲットを女性に絞っているわけではないが、読者層は圧倒的に20代~30代の女性だという。)
“When a man buys a pet, it’s more for collection than healing.(「男がペットを飼うのは、どちらかというと『癒し』よりコレクター的要素が強いようですね。)
Rabbits and hamsters have different hair colors and pedigrees.(ウサギやハムスターは毛の色や血統に違いがある。)
Men collect them.(男はそれをコレクションする。)
But sometimes, it’s their wives who actually take care of them. (laugh)” (Mr. Mishima)(旦那さんがペットを買ってきても、実際に世話をするのは奥さんだという事情もあるみたいですが(笑)。」(三嶋さん))

Many of Ms. Moriyasu’s customers are women, especially in their 30s, suffering from either insomnia or irritability.(守安さんのアロマセラピーの店に訪れる客も、「眠れない」「イライラする」などの症状を訴える女性、特に30代が多いという。)
She sees a common tendency in them.(守安さんは、彼女らにある共通性を感じるという。)

“Women who are in their early 30s today belong to a career-oriented generation.(「30代前半の女性というのは、キャリア志向で働いてきた世代ですよね。)
They have been competing with working men and have been working very hard.(彼女たちは男性と張り合って、一線でバリバリ働いてきた人たちです。)
They are stressed because some of them have been asked to leave their jobs and others are having a hard times working and raising their children at the same time.”(その人たちが今、会社から肩たたきにあったり、子育てとの両立が大変だったりで、ストレスをためている」)

People in their 30s today are the generation that started working when the Law for Equal Employment Opportunity came into force and “women’s independence” was a boom.(30代といえば、ちょうど男女雇用機会均等法が施行され、「女の自立」ブームの頃に就職した世代。)
In this time of recession, women with children are a burden for companies.(不況の今、会社にとって、「子持ち女性」はお荷物的存在になっている。)
They get stressed saying to themselves, “Society doesn’t want to recognize my merits.” or “What have I been working for?” .(「社会は自分を認めてくれない」「今まで自分がやってきたことは何だったのか」という思いで悶々とした結果、ストレスがたまる。)
Little wonder such women get stressed.(こういう女性がストレスをため込まないとしたらその方が不思議だ。)
Japanese women’s working hours including housework and childcare are among the longest in the world.(日本女性の家事・育児も含めた労働時間数は世界の中でもトップクラスだという。)
The situation of these career women is reported in newspapers and other media.(こうしたキャリア女性の状況は、新聞その他のメディアで取り上げられている。)
It seems there’s a link between this and the “healing goods” industry.(これと「癒しグッズ」業界とはリンクしているようだ。)

It’s not only working women.(働く女性ばかりではない。)
College students, especially female ones, are stressed, too.(大学生、特に女子大生にもストレスはある。)

“I’m looking for a job. .(「私は就職活動中です。)
I get stressed when I visit companies where I’m judged by the name of my school rather than my personality(学校名で自分を判断するような企業に行き当たるとストレスを感じます。)
Another major cause of my stress is the fact that I’m too busy job-hunting to study and do whatever I want.”(また、就職活動に時間をとられて、勉強ややりたいことができないというのも大きなストレスです。)
(Kuniko Kawaguchi, student).((川口邦子さん、大学生)」)
“I worry when I notice I’m being a conformist even though my slogan is I’m myself.” (Aya Baba, student)(「『私は私だ』というスローガンを自ら掲げておきながら、『世間』ってやつに追従してしまっている自分を発見したとき、悶々とします(馬場あやさん、大学生)」)

Most of the students we interviewed were in their fourth year.(今回意見を聞いた大学生は4年生がほとんどだった。)
As expected, they are concerned about their choices for the future. Especially girls are worried they have to face the continuing ice age for employment.(これから自分の将来を決めなければいけないという不安、特に女子学生の場合は今なお続く就職氷河期といわれる状況に挑まなければならない。)
While working women mentioned experiences they have lived, the students complained of a vague anxiety about something invisible.(自分の体験を挙げる社会人女性と違い、女子学生の場合は、形の見えないものに対する「漠然とした不安感」を訴える。)

■Do only women get stressed?(「ストレス」は女性だけか?)

How about men?(さて、男性はどうだろう?)
They, too, must have worries about their work and relationships with others.(男性だって会社や人間関係などの悩みが多いはずだが。)
Mr. Aeba of Prem Promotions Co. Ltd., a company that promotes and sells healing music, explained as follows:(いっぽう、ヒーリング音楽の発売元プレム・プロモーションの饗庭さんはこう解説する。)
“Many pieces of healing music and environment music are in 1/f time, which gives listeners a settled, relaxed feeling.(「ヒーリング系の音楽や環境音楽などは1/fの揺らぎを持っている作品が多く、落ち着きとリラックス感を味わうことができます。)
As a result, the music is considered to be effective for healing.(こうした音楽には癒しの効果があると思われます。)
Regardless of being conscious or unconscious, the music does not require listeners to do anything.(意識する、しないにかかわらず、音楽はリスナーに何かをするよう求めません。)
They can even go to sleep while listening to it, so I think that it is one of the easiest ways to relax.”(寝てしまってもいいので、最も手軽でリラックスできる手段と言えます」)
The reasons why more women than men tend to desire healing music are not only that the music gives them a sweet feeling but also women are less likely to resist mysterious or spiritual things as compared with men.(女性の方がヒーリング音楽を求めたがる理由は、優しい雰囲気を持った音楽だということだけでなく、女性の方が神秘的なものやスピリチュアルなものに抵抗感がないことがあげられる。)
However, with a rapid increase in inquiries from many men to the company that Mr. Aeba is working for, it clearly indicates a greater interest in healing music.(饗庭さんの会社でも、ここ2年くらいで男性からの問い合わせが増加しており、男性にも癒しブームの影響は明らかだという。)

“We are getting more inquiries from men since last year,” says Ms. Rika Mitsuhashi of “Dela”, a manufacturer of many healing CDs.(「去年から男性の問い合わせが増えました」と語るのは、ヒーリングのCDを数多く製作している「株式会社デラ」の三ツ橋里香さん。)
Dela has been making CDs of environment music for about 10 years.(同社は、10年ほど前から環境音楽のCDを製作してきた。)
They have a series of natural-sound CDs such as “water”, “forest”, “ocean”, as well as a series of live sounds of Mother Nature including “Shiretoko/Okhotsk” and “Oirase no keiryu”.(「水」「森」「海」など、自然の音を録音したシリーズのほかに、「知床・オホーツク」「奥入瀬の渓流」など大自然の臨場感を生かしたシリーズなどがある。)
Dela’s resources are quite varied and the number of series is considerable.(多様な自然の音を採録したデラのCDシリーズはたくさんある。)

“We started focusing on healing about six years ago, but it’s only recently that ‘environment music’ drew the public’s attention.(「ヒーリング方面に力を入れるようになったのは6年ほど前からですが、『環境音楽』がクローズアップされ始めたのはここ最近です。)
Ryuichi Sakamoto’s hit “Energy Flow” last year had a major impact.(昨年、坂本龍一さんの『エナジー・フロー』のヒットがかなり影響しました。)
Thanks to that music, our sales last year were 50 percent higher than the year before.”(昨年度の売上実績は、前年比の1.5倍です」)

Ryuichi Sakamoto is a world-famous Japanese musician as everyone knows.(坂本龍一、といえばご存じの通り、世界に名だたる日本の作曲家である。)
Some of you must remember the TV commercial for a nutrient last year in which he appeared.(彼が去年出演した栄養剤のCMを覚えている方もいるだろう。)
A grand piano was placed in the middle of a crosswalk where busy-looking businessmen were walking by.(サラリーマンがせかせかと行き交う横断歩道の真ん中にグランドピアノが置いてある。)
There, Ryuichi Sakamoto played soothing music, which sounded like a lullaby.(坂本龍一はそこで、子守歌のような、静かな曲を弾く。)
The commercial’s catchphrase was “To all the tired people”.(キャッチフレーズは『すべての疲れている人へ』。)
The music was so unbecoming to the crowded street and the sight so surreal that they gave people a lot to talk about.(「都会の雑踏」とはおよそ不似合いな曲と、そのシュールな光景が話題を呼んだ。)
The CD was a big hit.(CDは異例の大ヒットを記録した。)

Amazingly, the same nutrient had another commercial and its catchphrase was “Can you fight 24 hours a day?” had won the Vogue Expression of the Year title.(注目すべきは、この同じ栄養剤のCMはかつて、「24時間戦えますか」という、流行語大賞にまでなったキャッチフレーズを送り出したCMであるということだ。)
Compared with the times when businessmen were called on to work and fight 24 hours a day with a nutrient, this “healing” commercial was a dramatic change.(栄養剤を飲んで、24時間バリバリ働きましょう、と呼び掛けていた時代を思い起こせば、今回の「癒し」CMは劇的な転換である。)
Ms. Mitsuhashi explains, “We ask those who bought our CDs to fill out a questionnaire.(三ツ橋さんは言う。「CDを買っていただいた方にアンケートをお願いしています。)
Before, 70 percent of them were housewives and working women(以前は主婦とOLが購買層の70%を占めていたんです。)
Now the number of working men is increasing gradually.(最近、サラリーマンの方の数が増えてきました。)
They are from their 50s to 70s.(50代から70代ぐらいまで。)
There has been a remarkable change in the past couple of years.(ここ1~2年で顕著です。)
I think there’s an influence from the recession and firings from company restructuring.”(やっぱり不況、リストラなどの影響があるのではないでしょうか」)

Dela’s CM series have all kinds of sounds.(デラのCMシリーズにはさまざまなジャンルがある。)
One of them is “Mind Control sound”.(その一つがマインド・コントロール・サウンド」だ。)
Others are “Cheer Up”, “Build Up Mental Power”, “Plus Thinking”, “Power Up” … most titles are about self-encouragement.(ほかには「元気が出る」「強い精神力を養う」「プラス思考」「パワーアップ」といった自己啓発的なタイトルが目立つ。)
Do men listen to these?(男性はやはりこういうものを聴くのだろうか?)

“Yes, they have that tendency.(「その傾向はあると思います。)
It’s not just working men. Elementary and junior high school kids buy them, too.(サラリーマンだけでなく、小中学生も買いますよ。)
They listen while studying for entrance exams.(受験勉強の時に聴くみたいですよ」)
“Healing music not only for businessmen but also for elementary school kids!(サラリーマンだけでなく、小学生がヒーリング音楽!)

■Any stress “particular to Japanese”?(「日本特有」のストレスはあるのか?)

Japan is not the only country with stressed people.(ところで、「ストレス」は何も日本に限ったことではない。)
In other “stressed societies” such as the U.S., a lot of research on natural cure is being made.(「ストレス社会」アメリカでは、自然療法の研究が盛んである。)
In Europe, yoga is in mode.(ヨーロッパでもヨガが流行っている。)
We find stress in any society.(どこの社会にもストレスはつきもの。)
Then why is it that Japanese talk so much about “healing” and it’s become a boom here? Any reason?(それでも日本人が「癒し」を盛んに口にし、ブームにまでなる背景には、何か理由があるのだろうか。)

When we asked in our interviews “When do you feel most stressed?”, the typical answers were about the problems of population density including overcrowded trains.(「あなたはどんな時にストレスを感じるか」と聞いたが、特に多かったのが「満員電車」など、人の密集度に関する答えだった。)

“Space problems (population density) are directly linked to stress.(「空間(人口密集度)はストレスに直結している気がします。)
City-dwellers may need more healing measures than people living in the countryside.(都市生活者は、地方の人より何らかのヒーリング対策が必要とするかもしれません。)
With such a high population density, you can say Japan, especially Tokyo, is a stressful society.”(日本、特に東京は人口密度が高いので、この面ではストレス社会と言えるかもしれませんね」)
(Taeko Tagami, editor for a publisher)((田上妙子さん、出版編集)。)

“In Japan, I get stressed when I’m in the middle of a crowd and when I have no space around me.(「日本では、雑踏にいる時とか、自分の周りにスペースのゆとりがない時にストレスを感じます。)
The U.S. isn’t so crowded and we have more space.(アメリカでは雑踏が少ないし、スペースはたっぷりあります。)
I feel stress also when I go through a narrow street on a bike and when I’m in an overcrowded train.(自転車で狭い道をこいだり、満員電車に乗る時もストレスを感じますね。)
In the U.S., we use cars to get around.”(アメリカでは移動手段は車ですから」)
(Jessica Lin, American housewife living in Japan)(Jessica Linさん、日本在住アメリカ人、主婦)

Japan’s (especially Tokyo’s) overcrowded trains are certainly crazy, but isn’t it the same in big cities in other countries?(日本(特に東京)の「満員電車」の状況は確かに異常だが、どこの国の都会も状況は同じでは?)
It’s not just a question of population density.(人口の密集度だけで片付けられる問題ではないように思える。)

Another typical opinion was “Stress is not unique to Japan.(「ストレスは日本に限ったことではない、どこの国にもある」という意見が目立った。)
But Japanese don’t know how to deal with it.”(「ただ、日本人はストレスの処理の仕方がよく分かっていない」)
Apparently, Japanese have a unique “healing desire” which isn’t necessarily related to recession or stress.(どうやら不況やストレスとは必ずしも関係のない日本人特有の「癒されたい願望」が存在しているようだ。)

“The British have a way of life in which they don’t get so stressed as the Japanese.” is the opinion of Nobuko Suzuki who has lived for years in the UK.(「イギリス人は日本人よりストレスを溜めにくい状況にあると思います」とは英国生活の長い鈴木信子さん。)
“Even big cities have lots of space for relaxing.(「イギリスでは都会でも憩いの空間がたくさんあります。)
The air is clean from frequent rainfalls.(雨も多いので空気がきれいです。)
Employees leave their office and stores close at normal hours.(会社員は退社時間がきたらさっさと帰宅するし、店は早朝深夜は営業しない。)
They draw a clear line between work and private life.(仕事とプライベートをきっちり分けています。)
I don’t think they accumulate so much stress as Japanese.”(だから日本人よりストレスはたまりにくいのでは」)

It’s true Japanese often complain they are tired.(たしかに日本人は「疲れた」を連発する。)
“Some people are proud saying ‘Oh, I’m so stressed.’(「『あー、ストレスがたまる』って、ちょっと自慢気に聞こえたりする。)
They like to say they are busy.(みんな忙しい忙しいと言いたいんじゃないですか。)
‘Stress’ literally means mental nervousness.(ストレスとは文字通りには神経が緊張しているってことでしょう。)
It must happen to anyone in any country.(だから人とか国には関係がない。)
Whether you get stressed depends on if you take that nervousness as tiring or fun.(ストレスを感じるかどうかはその神経の緊張状態を辛いと感じるか楽しいと感じるかの違いだと思います。)
Since stress has traditionally been a virtue, Japan must be a typical stressful society.(特に日本ではストレスを背負うことを美徳としてきたような風習があるのではないでしょうか。)
Or is it ‘I-want-stress syndrome’?”(それとも『ストレスたまりたい症候群』なんでしょうか?」)
(Aya Matsuki, college student)(松木彩さん、大学生)

She’s right.(確かにその通り。)
In Japanese society, it sounds cooler to say ‘I’m so busy I have little spare time…’, looking at your schedule than saying “I have nothing to do.”(「私、今ヒマなの」と言うより、「忙しくてなかなか時間のやりくりができない…」と、システム手帳をのぞき込みながら言う方が、何となく格好いい、という雰囲気が日本社会にはある。)
Those who have nothing to do after quitting jobs or failing in college entrance exams can be obsessed with the idea that they have no place in this society and they are only getting left behind.(会社を辞めて何もしていなかったり、浪人だったりすると、「自分はこの社会に居場所がない、自分だけ世間から取り残されている」という強迫観念に苛まれる。)
If some of us are indifferent to retired old people and housewives (that is, people who aren’t working for companies), maybe it’s because of the same social background.(老人や主婦や会社勤めして働いていない人々に対する目が冷たいのも、そうした背景があるからではないだろうか?)

■How to deal with stress(ストレスといかに付き合うか)

Here’s another opinion.(さらに、こんな意見もあった。)
“Sometimes you are stressed for no particular reason.(「『何となくストレスを感じている』)
Causes of stress have become more complicated and harder to specify.(ストレスの原因が複雑になって分かりづらくなっているような気がします。)
To escape from it, some turn to religion and others find ‘healing’ in some products with concrete ‘shapes’.”(不安感から逃れようと宗教に走ったり、具体的な『形』ある商品としての『癒し』を求めるのでは」)
(Junko Takeshita, editor)((竹下純子さん、出版編集)」)
Our society is plagued by a “vague anxiety for the future” as is the case with the above-mentioned college students.(つまり、先に紹介した大学生の意見のように、「将来に対する漠然とした不安」が社会にまん延しているのではないか。)
There’s so much negative news about, say, “the worst unemployment rate in history” or “the collapsing pension-insurance system”.(「失業率が過去最悪」「年金・保険制度が破綻する」といった暗いニュースが巷にあふれている。)
Everyone — not only students and whether you are a man or a woman — is more or less stressed by this unprecedented social instability.(学生だけでなく男女を問わず、前例のない社会不安に、多かれ少なかれストレスを感じている。)
But it’s a stress without specific reasons.(しかし、具体的な理由があってのストレスではない。)
Some turn to handy “healing goods” for temporary “healing” rather than go to hospital.(だから病院に行くより、身近で手軽な『癒しグッズ』に身を委ね、「とりあえずの安心感」を得る、というのもある。)

“It’s OK to have stress. Without it, we never grow up,” says Christian father Kiyoshi Shirane.(「ストレスはあっていいものです。むしろ、なければ成長しないものです」と語るのは、神父の白根喜代志さん。)
He’s been preaching in church for over thirty years including, of course, about mental healing.(30年以上、教会に来る人々にキリストの教えを説いてきた。もちろん、精神の癒しに関する話題も含めて。)

“It’s the same as physical fatigue.(「肉体的な疲れの場合と同じです。)
If muscles get tired, you relax them.(筋肉が疲労したら一旦弛緩させる。)
If they get tired again, you relax them again.(また疲労する。また弛緩させる。)
This repetition makes muscles stronger.(この繰り返しで筋肉は次第に強くなっていきます。)
The same goes for the mind.(神経(精神)も同じです。)
When you notice you are stressed, all you have to do is relax.(『ストレス』だと分かったらリラックスするだけです。)
If you think maybe you are stressed, chances are it’s not really stress.”(むしろ、『自分はストレスがたまっている』と意識できるならば、本当はストレスではないのかもしれません」)

Your case may not be serious if you just complain you are stressed or if you just buy healing goods telling everyone you are tired.(「ストレスたまっちゃた」とぐちをこぼすことができる程度なら、あるいは「疲れた、疲れた」と口々に言っては癒しグッズを買い求める程度なら、まだ軽症かもしれない。)

But religion (not new religions), too, has always been a method of healing, hasn’t it?(でも、そもそも(新興宗教ではない)宗教とはもともと『癒し』の方法の最たるものなのでは?)
The number of people going to church is decreasing.(教会に来る人が減っています。)
We asked Father Shirane a nasty question; isn’t it because people have started seeking “healing” in other things than religion?(人々が『癒し』を宗教以外のものに求めだしたからでは?と、神父にちょっと意地悪な質問をぶつけてみた。)
His answer had self-criticism in it.(白根さんは自戒を込めて言う。)
“That’s right.(「確かにそうです。)
Not many people come to church for healing.(『癒し』が目的で教会に来る人は少ないです。)
It’s a problem of religious organizations that try to use people…”(これは、人々を利用しようとする宗教側に問題がありますね…」)

Japan is full of “healing.”(日本中にあふれる「癒し」の2文字。)
In the background, there’s an interest in natural cures, preference for handiness, desire to be healed and a vague anxiety.(背景には、自然療法志向、「お手軽」志向、「癒されたい」志向、そして漠然とした不安感。)
Different elements are intertwined.(さまざまな要素が絡み合っている。)

Do you think Japan is a stressful country?(日本社会はストレス社会だと思いますか?)
If you are familiar with the situations in foreign countries, compare them with the situation in Japan.(外国の状況も分かる方は日本と比較してください。)

I don’t agree with the idea of asking a question in terms of “in Japan” because I think situations differ depending on each person.(日本はという切り方はどうかと思う。結局個人差だと思うのですが。)
Wherever a man is, and the situation he is in, whatever makes him feel stressed differs from what makes others feel stressed.(どこの国にいても、どういう状況であっても、ストレスと感じるものは人それぞれ違うものです。)
Even if he feels stressed, how strong he feels it differs from how strong others feel it.(感じたとしてもその強さは個人によって違うと思います。)
(Office worker, 26)(26歳・会社員)

I guess that there are lots of elements in society that are excessive.(社会には余計な要素が多いんだろうな、と思います。)
We have a lot more situations than in the past in which we are compared to others.(他人と比べられることが昔より格段に増えている。)
I wonder whether some people think kicking others out is valuable.(ある人たちは人を蹴落とすことに価値を見いだしているのでしょうか?)
I think that some people create stress by themselves.(自らストレスを作り出している人も案外多いのでは)
(Office worker, 27)(27歳・会社員)

“Healing” in America or France seems to me like something designed for self-enlightenment.(アメリカやフランスの「ヒーリング」は、何かしら自己啓発的な側面があるみたいです。)
There is an aspect to it of finding a way to attack others, by gaining much more power in order to survive in a competitive society.(もっとパワーをつけて競争社会を生き残る、みたいな攻撃の一手段的なところがある。)
“Healing” in the UK is naturalistic and it’s main concept is back to nature.(イギリスの「ヒーリング」は自然回帰のナチュラル系です。)
In Japan, people view it as they would an infant, with love for something they think is pretty.(日本はかわいいもの好きの幼児的側面がある。)
I find it interesting that “healing” in different cultures differs.(文化によって同じヒーリングでも少しずつ色合いが違うのは面白いですね。)
(Office worker, 40s)(40代・会社員)

I think that foreign people, too, feel stressed, but it seems to me that they know a lot more ways than Japanese people do for getting rid of the stress and how to get through it.(外国人だってストレスは感じているだろうけど、彼らはストレスの解消の仕方や、うまく切りぬけるすべを日本人よりも知っているような気がする。)
They can solve their problems by themselves because this is what they have learned through their up-bringing.(彼らは小さい頃から、考える教育を受けているから何でも自分で解決できる。)
But Japanese people are not brought up as such, so they depend on other things.(でも、日本人はそういう教育を受けていないから物に頼る。)
On the other hand, healing goods are popular in foreign countries, too.(そうはいっても、外国でもヒーリングものが流行っています。)
I guess that this implies that they also feel that their countries are stressful.(ということは彼らなりにストレスを感じているんじゃないでしょうか。)
(College student, 22)(22歳・大学生)

I think that Japan is a stressful society.(日本はストレス社会だと思う。)
If Japanese people saw the big-picture more, they would have less stress.(日本人はもっと大ざっぱになれば、ストレスがたまりにくいのに。)
Many of those who provide service to customers flatter their customers too much.(接客とかを見ていても、そこまでへつらわなくても、と思うことが少なくない。)
(College student,22)(22歳・大学生)

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

1991年第2問

次の記事

読書について