大学入試予想問題と和訳・解答例(1)

Ⅰ. 次の英文を読んで、設問に答えよ。(*印の語には注がある)

 

As a child, Andrea Townsend loved feeding her backyard sparrows and *chickadees, but she wondered if it was good for them.

Townsend is now an *ornithologist at Hamilton College in Clinton, New York, and she still cares about what birds are eating. Usually she gives them natural treats like unsalted peanuts, but for research purposes (1)she tried a popular human food: cheeseburgers.

In a study published today in the journal The Condor, Townsend and her team show how urban living affects the health of American crows, including their cholesterol, and what happened to a rural population when burgers became part of their diet.

Like other successful urban wildlife, crows survive in part by eating our food. Often that means eating whatever they find in our trash, including (2)processed foods not found in nature.

Previous studies had found that wildlife in urban or heavily touristed areas, like house sparrows and rock iguanas, respectively, had elevated cholesterol levels.

Townsend set out to learn whether urbanized crows also had higher cholesterol levels than their rural cousins.

First the team tested 140 crow *nestlings in Davis, California, along a *gradient that went from urban to rural over a span of three years. Indeed, (3)the more urban the bird, the higher its cholesterol.

Next they supplemented the diet of a crow population in rural Clinton, New York, with a high-cholesterol human food, cheeseburgers, calling in orders of 100 McDonald’s cheeseburgers at a time.

“They thought we were joking,” Townsend says.

The Clinton area crows *gobbled up the three burgers a day that researchers put under nesting trees, with some adults delivering burgers to the nestlings and some eating or storing the food for themselves.

Comparing the cholesterol and survival rates of the burger-eating crows with those of nearby crows who were weren’t supplemented with fast food, the team found that cholesterol levels did not have a detectable effect on the birds’ survival.

However, regardless of their cholesterol levels, urban birds did have lower survival rates than rural birds. It’s unknown why urban birds didn’t *fare as well, though many factors such as car collisions, disease, predators and poor food quality at critical developmental stages may come into play.

The nestlings who were about to *fledge from the nest with higher cholesterol after eating the burger-rich diet actually had better body condition than their country cousins. Body condition in a scientific sense, though, just means that the birds weighed more for their size.

“If you’re a chubby crow, essentially, that’s considered to be good condition,” Townsend says, noting that (4)this definition can be the subject of debate.

In small doses, cholesterol is a good thing, Townsend notes. It’s essential to body function and is a part of cells’ structure, acting as a *precursor for hormones and a component of *bile, which breaks down fat, she says. It’s in excess that it’s associated with disease.

For humans, it’s later in life that high cholesterol *comes home to roost, so to speak, in the form of heart disease. Crows, “which can live more than 15 years in the wild, might develop disease later in life,” but this needs further research, Townsend says.

Kaeli Swift says (5)she’s glad not to have to *cringe every time she sees a crow *dumpster diving. Swift is a post-doctoral researcher at the University of Washington who has spent years observing crows’ behavior.

Swift, who wasn’t involved in the study, says the researchers did a great job of showing that the abundance of “people food” in urban landscapes is not doing crows harm, at least not in the short term.

Not that cheeseburgers should be their steady diet—if you feed backyard crows, giving them something as natural as you can get is the preferable thing, says Townsend, who doesn’t want to discourage feeding birds.

“I think the culture is already there of ‘don’t give wildlife junk food,” Swift adds.(6)スウィフト氏は、今回の研究は、同じ空間で暮らす動物たちに人間が与える影響を、深く考えるきっかけになると考えている。カラスをはじめ、都会に生息する生きものは、「わたしたちと共に繁栄し、わたしたちに引き寄せられて来た動物たち」であり、人間が生み出すものを、動物たちがどのように取り入れているかを知ることには、大きな意味があるとコメントした

 

*chickadees コガラ

*ornithologist  鳥類学者

*nestlings  ひな鳥

*gradient  勾配・傾斜

*gobbled  がつがつ食う

*fare  暮らす

*fledge  巣立つ

*precursor  前駆体

*bile 胆汁

*comes home to roost  元へ返る・我が身に跳ね返る

*cringe  身体がすくむ

*dumpster diving 大型のゴミ収集箱に突っ込む

設問

  1. 下線部(1)の目的、方法、そして結果を日本語で記せ。
  2. 下線部(2)の具体例を本文から英語のまま抜き出せ。
  3. 下線部(3)の意味を分かりやすく日本語で記せ。
  4. 下線部(4)の意味を日本語で記せ。
  5. コレステロールの長所と短所を日本語で記せ。
  6. 下線部(5)の理由を日本語で記せ。
  7. 下線部(6)を英訳せよ。

 

 

Crows love cheeseburgers. And now they’re getting high cholesterol.

PUBLISHED August 26, 2019

As a child, Andrea Townsend loved feeding her backyard sparrows and chickadees, but she wondered if it was good for them.

アンドレア・タウンゼンド氏は、子供の頃、裏庭にやってくるスズメやコガラに餌をやるのが好きな少女だった。一方で、餌を与える行為が、鳥にとって良いことなのかどうかを疑問に感じていた。

Townsend is now an ornithologist at Hamilton College in Clinton, New York, and she still cares about what birds are eating. Usually she gives them natural treats like unsalted peanuts, but for research purposes she tried a popular human food: cheeseburgers.

現在、タウンゼンド氏は米ニューヨーク州のハミルトン・カレッジで教える鳥類学者となり、鳥たちの食べものについて研究している。普段は、鳥たちに「無塩のピーナツなど自然の食物を与えている」というタウンゼンド氏だが、研究のため、鳥に人間の食べものを与えることにした。その食べものとはチーズバーガーだ。

In a study published today in the journal The Condor, Townsend and her team show how urban living affects the health of American crows, including their cholesterol, and what happened to a rural population when burgers became part of their diet.

学術誌『The Condor』に2019年8月に発表された研究でタウンゼンド氏のチームは、都会の生活がアメリカガラスにどのような影響を与えているかについて論じている。彼らが注目したのは、高コレステロールの食べものによる影響や、農村地帯の鳥にハンバーガーを与えた場合、何が起こるかといったことだ。

Like other successful urban wildlife, crows survive in part by eating our food. Often that means eating whatever they find in our trash, including processed foods not found in nature.

都会に生息するほかの鳥と同様、カラスは人間の食べものも摂取して生き延びている。カラスは人が出したゴミを何でも口にしているので、当然のことながら、自然界に存在しない加工食品も食べている。

Previous studies had found that wildlife in urban or heavily touristed areas, like house sparrows and rock iguanas, respectively, had elevated cholesterol levels.

過去の研究では、都会や観光地に生息するイエスズメやイワイグアナなどの野生動物は、コレステロール値が通常よりも上昇していることがわかっている。

Townsend set out to learn whether urbanized crows also had higher cholesterol levels than their rural cousins.

タウンゼンド氏は、都会のカラスもまた、田舎にすむ同種の仲間に比べて、コレステロール値が高いのかどうかを調べることにした。

First the team tested 140 crow nestlings in Davis, California, along a gradient that went from urban to rural over a span of three years. Indeed, the more urban the bird, the higher its cholesterol.

研究チームはまず、米カリフォルニア州デイビスで、都市から農村エリアにかけてすんでいるカラスのひな鳥140羽について、3年間にわたって調べた。これによってわかったのは、都市部に近づくほど、カラスのコレステロールは実際に高くなるということだった。

Next they supplemented the diet of a crow population in rural Clinton, New York, with a high-cholesterol human food, cheeseburgers, calling in orders of 100 McDonald’s cheeseburgers at a time.

次にチームは、ニューヨーク州クリントンの農村エリアにすむカラスに、高コレステロールのチーズバーガーを与えてみた。マクドナルドに1度に注文したチーズバーガーの量は、100個にものぼった。

“They thought we were joking,” Townsend says.

「店の人たちは、注文を冗談かいたずらだと思ったようです」と、タウンゼンド氏は言う。

The Clinton area crows gobbled up the three burgers a day that researchers put under nesting trees, with some adults delivering burgers to the nestlings and some eating or storing the food for themselves.

クリントン地域のカラスは、1日に3つのバーガーを食べた。研究者らが巣のある木の下にバーガーを置くと、親鳥はそれをひな鳥のところまで持っていったり、あるいは自分で食べたり、後で食べるためにとっておいたりした。

Comparing the cholesterol and survival rates of the burger-eating crows with those of nearby crows who were weren’t supplemented with fast food, the team found that cholesterol levels did not have a detectable effect on the birds’ survival.

バーガーを食べたカラスと、近隣地域にすむファストフードを与えられていないカラスとの間で、コレステロール値と生存率がどんな関係にあるかも調べた。すると、コレステロール値は、数値に表れるほどにはカラスの生存率に明確な影響を与えていないことが判明した。

However, regardless of their cholesterol levels, urban birds did have lower survival rates than rural birds. It’s unknown why urban birds didn’t fare as well, though many factors such as car collisions, disease, predators and poor food quality at critical developmental stages may come into play.

一方で、コレステロール値に関わらず、都会の鳥は田舎の鳥よりも生存率が低かった。都会の鳥の方がなぜ短命なのか、その理由は不明だが、車との衝突、病気、捕食者、発達段階における食物の質の低さなど、多くの要因が影響している可能性がある。

The nestlings who were about to fledge from the nest with higher cholesterol after eating the burger-rich diet actually had better body condition than their country cousins. Body condition in a scientific sense, though, just means that the birds weighed more for their size.

実際には、巣立ち直前のひな鳥のうち、バーガーを多く含む餌を食べたことが原因でコレステロール値が高くなった個体の方が、田舎のひな鳥よりも健康状態は良好だった。ただし、科学的な意味での良好な健康状態とは、単に体の大きさのわりに体重が重いことを指す点に留意してほしい。

“If you’re a chubby crow, essentially, that’s considered to be good condition,” Townsend says, noting that this definition can be the subject of debate.

「丸々と太ったカラスは、健康状態がいいと判断されるわけです」とタウンゼンド氏は言い、この定義には議論の余地があると指摘する。

In small doses, cholesterol is a good thing, Townsend notes. It’s essential to body function and is a part of cells’ structure, acting as a precursor for hormones and a component of bile, which breaks down fat, she says. It’s in excess that it’s associated with disease.

わずかな量なら、コレステロール自体が悪いものではない。というのも、コレステロールは身体機能にとって不可欠なもので、細胞の構造の一部となって、ホルモンの前駆体や、脂肪を分解する胆汁の成分として働くからだ。コレステロールは病気と結び付けられ過ぎていると、タウンゼンド氏は言う。

For humans, it’s later in life that high cholesterol comes home to roost, so to speak, in the form of heart disease. Crows, “which can live more than 15 years in the wild, might develop disease later in life,” but this needs further research, Townsend says.

高コレステロールが心臓病を引き起こすなど、体に害をなすようになるのは、人間が高齢になってからのことだ。タウンゼンド氏によると、カラスは野生では15年以上生きることがあり、年をとってから病気になる可能性もあるが、これについてはさらなる研究が必要だという。

Kaeli Swift says she’s glad not to have to cringe every time she sees a crow dumpster diving. Swift is a post-doctoral researcher at the University of Washington who has spent years observing crows’ behavior.

タウンゼンド氏の研究のおかげで、カラスが大型のゴミ収集箱に突っ込んでいくたびに「気に病まずに済むようになった」と喜ぶのは、米ワシントン大学の博士課程修了の研究者カエリ・スウィフト氏だ。

Swift, who wasn’t involved in the study, says the researchers did a great job of showing that the abundance of “people food” in urban landscapes is not doing crows harm, at least not in the short term.

至るところに「人間の食べもの」がある都会が、少なくとも短期的には、カラスの健康を害することはないと証明されたことはすばらしいと、スウィフト氏。

Not that cheeseburgers should be their steady diet—if you feed backyard crows, giving them something as natural as you can get is the preferable thing, says Townsend, who doesn’t want to discourage feeding birds.

もちろん、今回の研究は「カラスにチーズバーガーを与えてよい」ことを言いたいものではない。裏庭のカラスに餌を与えるなら、「できるだけ自然なものを選ぶのが好ましい」とタウンゼンド氏は釘を刺す。

“I think the culture is already there of ‘don’t give wildlife junk food,” Swift adds.

This study, she says, gives us a deeper appreciation for our effects on the animals that we share spaces with. Crows and other city-dwellers are the animals “that are thriving with us and attracted to us,” she says, and it’s important to know how they fare with what we share.

スウィフト氏は、「野生動物にジャンクフードをあげてはいけない」というのは、すでに常識として人々に受け入れられており、今回の研究は、同じ空間で暮らす動物たちに人間が与える影響を、深く考えるきっかけになると考えている。カラスをはじめ、都会に生息する生きものは、「わたしたちと共に繁栄し、わたしたちに引き寄せられて来た動物たち」であり、人間が生み出すものを、動物たちがどのように取り入れているかを知ることには、大きな意味があるとコメントした。

 

 

  1. 下線部(1)の目的、方法、そして結果を日本語で記せ。

高コレステロールの食べものによる影響や、農村地帯の鳥にハンバーガーを与えた場合、何が起こるかを知る目的で、まず、米カリフォルニア州デイビスで、都市から農村エリアにかけてすんでいるカラスのひな鳥140羽について、3年間にわたって調べた。次にチームは、ニューヨーク州クリントンの農村エリアにすむカラスに、高コレステロールのチーズバーガーを与えてみた。バーガーを食べたカラスと、近隣地域にすむファストフードを与えられていないカラスとの間で、コレステロール値と生存率がどんな関係にあるかも調べた。すると、コレステロール値は、数値に表れるほどにはカラスの生存率に明確な影響を与えていないことが判明した。 一方で、コレステロール値に関わらず、都会の鳥は田舎の鳥よりも生存率が低かった。

  1. 下線部(2)の具体例を本文から英語のまま抜き出せ。

cheeseburgers

  1. 下線部(3)の意味を分かりやすく日本語で記せ。

米カリフォルニア州デイビスで、都市から農村エリアにかけてすんでいるカラスのひな鳥140羽について、3年間にわたって調べた。これによってわかったのは、都市部に近づくほど、カラスのコレステロールは実際に高くなる。

  1. 下線部(4)の意味を日本語で記せ。

科学的な意味での良好な健康状態とは、単に体の大きさのわりに体重が重いことを指す

  1. コレステロールの長所と短所を日本語で記せ。

コレステロールは身体機能にとって不可欠なもので、細胞の構造の一部となって、ホルモンの前駆体や、脂肪を分解する胆汁の成分として働く。

  1. 下線部(5)の理由を日本語で記せ。

至るところに「人間の食べもの」がある都会が、少なくとも短期的には、カラスの健康を害することはないと証明されたから。

  1. 下線部(6)を英訳せよ。

This study, she says, gives us a deeper appreciation for our effects on the animals that we share spaces with. Crows and other city-dwellers are the animals “that are thriving with us and attracted to us,” she says, and it’s important to know how they fare with what we share.

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

TOEIC暗記用例文

次の記事

大学入試問題と和訳(2)