不定詞

不定詞

文型

品詞の役割 不定詞の用法  
名詞 名詞的用法 主語・補語・目的語になる
形容詞 形容詞的用法 補語になる・名詞を修飾
副詞 副詞的用法 名詞以外(動詞・形容詞・副詞・文全体)を修飾

  1. She likes to take pictures.彼女は写真を撮るのが好きだ。:目的語☞ 名詞的用法
  2. I have no time to do it. 私にはそれをする時間がない。:名詞を修飾☞ 形容詞的用法
  3. I went to see the musical. 私はミュージカルを見に行った。動詞を修飾☞ 副詞的用法

 

名詞的用法(主語)

  1. To keep early hours is good for the health. 早寝早起きは健康によい。

= It is good for the health to keep early hours.

  1. It’s her principle not to spoil the children. 子供を甘やかさないのが彼女の方針だ。(itは形式主語)

名詞的用法(補語)

 

  1. Our job is to clean the playground. 我々の仕事は運動場を掃除することだ。

 

名詞的用法(目的語)

  1. She wants to be a newscaster. 彼女はニュースキャスターになりたい。
  2. He decided to join the baseball team. 彼は野球チームに入ることに決めた。
  3. Helen refused to tell us the reason. ヘレンは我々にその理由を話すことを拒んだ。
  4. I found it difficult to read this book.(itは形式目的語)この本を読むのは難しいと分かった。
  5. I thought it impolite to say nothing. (itは形式目的語)何も言わないのは失礼だと思った。
  6. I make it a rule to get up at half past six. (itは形式目的語)私は6時半に起きることにしている。
  7. Kim pretended not to hear me. キムは私の言うことが聞こえないふりをした。
  8. He promised never to tell a lie again. 彼は二度と嘘をつかないと約束した。

 

疑問詞+to不定詞で名詞句を作る

  1. Which to choose is left to you. どちらを選ぶかは君に任せる。
  2. The question is where to put the PC. 問題はパソコンをどこに置くかだ。
  3. I don’t know how to play shogi. 私は将棋の指し方を知らない。
  4. I decided what to buy her for her birthday. 彼女の誕生日に何を買うべきかを決めた。
  5. You must learn when to speak and when not to. 発言すべき時とすべきでない時をわきまえなさい。
  6. I don’t know whose advice to follow. 誰の助言に従うべきか分からない。
  7. Lucy wondered whether to accept his proposal. ルーシーは彼の結婚の申し込みを受けるかどうか迷った。
  8. He kindly showed me where to find a taxi. 彼は親切にもどこでタクシーを拾えばよいかを教えてくれた。
  9. She teaches us how to talk with sign language. 彼女は我々に手話で話す方法を教えてくれる。
  10. Please tell me which button to press. どのボタンを押せばよいか教えてください。

 

形容詞的用法(名詞を修飾)

  1. He is not a man to speak ill of others. 彼は他人の悪口を言うような人ではない。
  2. Ann was the first (person) to solve the problem. アンは真っ先にその問題を解いた人だった。
  3. I have a lot of work to do today. 私には今日すべき仕事がたくさんある。
  4. Lend me something to read on my journey. 何か旅先で読む物を貸してください。
  5. He had no house to live in. 彼には住む家がなかった。
  6. Please get me something cold to drink. 何か冷たい飲み物を持ってきてください。
  7. We have no time to lose. ぐずぐずしている暇はない。
  8. There were a lot of places to visit in Spain. スペインには訪れるべき場所がたくさんある。
  9. The little dog wants a friend to play with. その小犬は遊び友達を欲しがっている。
  10. He has the desire to study abroad. 彼はぜひ留学したいと望んでいる。
  11. I kept my promise to write home once a month. 私は月に一度は家に手紙を書く約束を守った。
  12. He made an attempt to escape from the prison. 彼は刑務所から抜け出そうと試みた。
  13. It’s time to go to bed. もう寝る時間だ。
  14. He doesn’t have the right to give orders to us. 彼には我々に命令する権利はない。

 

副詞的用法(目的)

  1. Bob hurried to the airport to see his friend off. ボブは友人を見送るために空港へ急いだ。
  2. I got up early to be in time for the first train. 始発電車に間に合うように早起きした。
  3. Why did you go out? To mail a letter. なぜ外出したの?手紙を出すため。

 

副詞的用法(感情の原因)

  1. I’m glad to see you. お会いできて嬉しいです。
  2. I’m sorry to trouble you. 面倒をおかけしてすみません。
  3. She was sad to hear the terrible news. その酷いニュースを聞いて彼女は悲しんだ。
  4. He got angry to know that she had betrayed him. 彼は彼女が自分を裏切ったと知って怒った。

 

副詞的用法(判断の根拠)

  1. You’re careless to make such a childish mistake. こんな幼稚な間違いをするなんて不注意だ。
  2. She was foolish not to take your advice. 君の助言に従わないなんて彼女は馬鹿だった。
  3. He must [cannot] be an honest man to say such a thing. そんなことを言うなんて彼は正直者に違いない(のはずがない)。
  4. How cruel the man is to beat the dog like that! あんなふうに犬をぶつなんて何てむごい人なのだろう。

 

副詞的用法(結果)

  1. He awoke to find himself in a strange room. 彼は目覚めると見知らぬ部屋にいた。
  2. I came home to find a message from Jim. 帰宅するとジムから伝言があった。
  3. The girl grew up to be a fine violinist. その女の子は成長して立派なバイオリニストになった。
  4. Very few people live to be a hundred years old. 100歳まで生きることはほとんどいない。
  5. He worked hard, only to fail. 彼は一生懸命勉強したが失敗した。
  6. He left the harbor in a yacht, never to return. 彼はヨットで港を出たきり戻らなかった。

 

副詞的用法(形容詞を修飾)

  1. His writing is hard to read.= It is hard to read his writing. 彼の文字は読みにくい。
  2. Mary is very pleasant to talk to.= It is very pleasant to talk to Mary. メアリーと話をするのは楽しい。
  3. Your question is impossible [difficult/easy] to answer. 君の質問に答えるのは不可能だ。

= It is impossible [difficult/easy] to answer your question.

  1. He is hard to please. 彼は気難しい人だ。
  2. This river is safe [dangerous] to swim in. この川は泳ぐのに危険だ。

 

副詞的用法(慣用表現)

  1. She is sure [certain] to come. 彼女はきっと来る。
  2. Be sure to call me later. 後で必ず電話しなさい。
  3. He is likely to succeed. 彼は成功しそうだ。
  4. Women are less likely to have high blood pressure. 女性は高血圧になりにくい。
  5. George is anxious [eager] to see you. ジョージはしきりに君に会いたがっている。
  6. I’m ready to help you. 喜んでお手伝いします。
  7. I’m willing to help you. お手伝いしてもいいよ。
  8. We are apt to be lazy. 我々は怠惰になりがちだ。

 

副詞的用法(文全体を修飾)

  1. To tell [speak] the truth, I haven’t read the novel yet. 実を言うと私はまだその小説を読んでいない。
  2. To begin [start] with, she is very intelligent. まず第一に彼女は非常に聡明だ。
  3. To be sure, he does a good job, but I don’t like him. 確かに彼はいい仕事をするが私は好きではない。
  4. We were very tired, and to make matters [the matter] worse, it began to rain. 我々は疲れていたし、さらに悪いことに雨が降り出した。
  5. Needless to say, I enjoyed the school life there. 言うまでもなく私はそこでの学校生活を楽しんだ。
  6. He is, so to speak, a mere robot. 彼はいわばただのロボット(他人のいいなり)だ。
  7. Keiko speaks French well, not to mention English. ケイコは英語は言うまでもなくフランス語も上手に話す。

 

意味上の主語

一般人

  1. It’s not easy to break a bad habit. 悪い習慣を直すのは簡単ではない。

 

文脈から分かる場合

  1. It was my wife’s earnest desire to live in Australia. オーストラリアに住むのは妻の強い願望だ。

 

文の主語

  1. She wants to work for the United Nations. 彼女は国連で働きたいと思っている。
  2. I was pleased to hear from Kenny. ケニーから便りをもらって嬉しかった。

 

文の目的語

  1. We expect you to succeed. 我々は君が成功することを期待している。
  2. She told her son not to sit up late. 彼女は息子に夜更かししないように言った。
  3. The doctor advised me to have a rest. 医師は私に休息をとるように勧めた。
  4. We believe him (to be) innocent. 我々は彼が潔白だと信じている。
  5. Do you want him to stay here? 彼にここにいてもらいたいですか。
  6. She asked me to help her with her work. 彼女は自分の仕事を手伝ってくれるように私に頼んだ。
  7. Our teacher allowed us to spend the period freely. 先生は我々がその時限を自由に使うことを許した。
  8. She warned me never to use such words. 彼女は私にそんな言葉を二度と使わないように注意した。
  9. I would like you to introduce me to her. 彼女に私を紹介していただきたいのですが。

 

for/ofの次の(代)名詞

  1. It is necessary for him to take proper exercise. 彼は適度の運動をする必要がある。
  2. It is natural for parents to love their children. 親が子供を愛するのは当然だ。
  3. It may be impossible for her to solve the problem. 彼女がその問題を解くのは無理だろう。
  4. The Internet makes it easy for us to get information. インターネットのお蔭で情報を得るのが簡単だ。
  5. There’s no need for you to worry. あなたが心配する必要はない。
  6. Paris is a good place for an artist to work (in). パリは芸術家が仕事をするのに適した所だ。
  7. They made way for the ambulance to pass. 救急車が通れるように彼は道を開けた。
  8. This book is difficult for a pupil to read. この本は小学生が読むには難しい。
  9. I’m anxious [eager] for you to succeed. 君にはぜひ成功して欲しい。
  10. It is very kind of you to lend me the book. 本を貸してくれてありがとう。
  11. It was careless of her to leave the TV on. テレビをつけっぱなしにするなんて彼女は不注意だった。
  12. It’d be rude [impolite] of you not to talk to him. 君が彼に話しかけないのは失礼だろう。
  13. How nice of you to help me! 手伝ってくれるなんて何て親切なんだ。

 

原形不定詞

知覚動詞の補語

  1. I saw him cross the street. 彼が通りを渡るのが見えた。
  2. I heard someone cry out for help. 誰かが大声で助けを呼ぶのが聞こえた。
  3. We felt the house shake. 我々は家が揺れるのを感じた。
  4. We watched our baby walk for the first time. 我々は赤ん坊が初めて歩くのをじっと見ていた。
  5. I noticed the cat enter the room. 私はその猫が部屋に入るのに気づいた。
  6. We listened to him play the piano. 我々は彼がピアノを弾くのに聞き入った。

 

使役動詞の補語

  1. She made me go on an errand. 彼女は私に使いに行かせた。
  2. I let him use my computer. 私は彼に自分のコンピュータを使わせた。
  3. I had my teacher correct my composition. 私は先生に作文を直してもらった。
  4. I made her take the bitter medicine. 私は彼女にその苦い薬を飲ませた。
  5. Let him do as he likes. 彼の好きなようにさせてやりなさい。
  6. I’ll get my daughter to drive you home. 娘に車でお宅まで送らせましょう。
  7. Please help me (to) carry the desk upstairs. 机を二階まで運ぶのを手伝ってください。
  8. We expected him to win the race.

⇨ He was expected to win the race. 彼はレースに勝つと期待されていた。

  1. We saw him get in the car.

⇨ He was seen to get in the car. 彼がその車に乗るのが見えた。

  1. They made me clean the room.

⇨ I was made to clean the room. 私はその部屋を掃除させられた。

 

完了不定詞

  1. He seems to have been sick. 彼は今まで病気だったらしい。

= It seems that he has been sick.

  1. The last train seems to have already left. 最終電車はもう出てしまったようだ。

= It seems that the last train has already left.

  1. He is said to have been a great athlete. 彼は偉大なスポーツ選手だったそうだ。

= It is said that he was a great athlete.

  1. I’m sorry not to have answered your letter sooner. もっと早くお手紙に返事しなくてすみません。

= I’m sorry that I didn’t answer your letter sooner.

  1. She pretended to have forgotten her wallet. 彼女は財布を忘れたふりをした。

= She pretended that she had forgotten her wallet.

  1. I expect to have finished this by September. 私は9月までにはこれを仕上げようと思っている。

= I expect that I will have leave finished by September.

  1. I had hoped to attend the meeting. 話し合いに出席したいと思っていたができなかった。

= I hoped to attend the meeting, but I couldn’t.

 

受動態

  1. These rules need to be changed. これらのルールは変更される必要がある。
  2. No one likes to be laughed at. 人に笑われるのが好きな人はいない。
  3. My bicycle seems to have been stolen. 私の自転車は盗まれたようだ。

 

進行形

  1. Bob seemed to be studying when I called him. 私が電話した時、ボブは勉強しているようだった。
  2. Bob seemed to have been studying all night. ボブは徹夜で勉強しているようだった。

 

代不定詞

  1. Will you help me? I’ll be glad to. 手伝ってくれない?喜んでするよ。
  2. I’d like to come, but I don’t have time to. 行きたいのだが行く時間がない。
  3. He opened the box though I told him not to. 私が開けないように言ったのに彼はその箱を開けた。

 

慣用表現

  1. Mr. Gates is to visit Japan next month.(予定)ゲイツ氏は来月来日する予定だ。
  2. I was to have seen her yesterday.(予定)彼女に会うことになっていたが実現しなかった。
  3. We are to be polite.(義務)礼儀正しくすべきだ。
  4. You are to get up earlier.(命令)もっと早く起きなさい。
  5. Not a star is to be seen in the sky.(可能)空には星一つ見えない。
  6. The money was not to be found.(可能)そのお金は見つからなかった。
  7. He was never to return home.(運命)彼は二度と戻らない運命だった。
  8. Practice hard if you are to succeed.(意図)成功しようと思うなら猛練習しなさい。
  9. She went to Australia in order to [so as to] learn English.(目的)彼女は英語を学ぶためにオーストラリアに行った。
  10. Listen to me carefully so as not to misunderstand.(目的)誤解しないように私のいうことをよく聞きなさい。
  11. She was too shy to sing in public.(程度・結果)彼女はとても内気なので人前では歌えなかった。
  12. This suit is too expensive for me to buy. (程度・結果)このスーツは高すぎて私には買えない。
  13. The playground was too small for us to play soccer in. (程度・結果)その運動場は僕らがサッカーをするには狭すぎた。
  14. The bag was too heavy for her to carry. (程度・結果)そのバッグはとても重くて彼女には運べなかった。
  15. He walked too quickly for me to follow. (程度・結果)彼は歩くのが速過ぎて私はついていけなかった。
  16. I arrived early enough to get a good seat. (程度・結果)早く着いたのでよい席が取れた。
  17. This problem is easy enough for you to solve. (程度・結果)この問題は易しいので君は解ける。
  18. She is not old enough to travel alone. (程度・結果)彼女は一人旅ができるほどの年になっていない。
  19. He is not so careless as to take the wrong way. (程度・結果)彼は道を間違えるほど不注意ではない。
  20. She was so angry as to be unable to speak. (程度・結果)彼女はとても怒っていて口も聞けなかった。
  21. Would you be so kind as to [kind enough to] take me to the hospital? (程度・結果)私を病院へ連れて行っていただけませんか。
  22. I happened to sit by Ann. 私はたまたまアンのそばに座った。
  23. We chanced to ride in the same train. 我々は偶然同じ電車に乗り合わせた。
  24. The report proved [turned out] to be false. その報告は誤報だと分かった。
  25. Where did you come [get] to know her? 彼女とはどこで知り合ったの?
  26. He came to see his error. 彼は自分の過ちを悟るようになった。
  27. I’ve really got to like soccer. サッカーがとても好きになってきた。
  28. I managed to avoid the danger. 私は何とかその危険を避けることができた。
  29. I cannot afford to buy another car. 車をもう一台買う余裕はない。
  30. How much money can you afford to spend? どのくらいお金を使う余裕がありますか。
  31. All you have to do is (to) push the button. ただボタンを押しだけでよい。

= You have only to push the button.

  1. All I could do was (to) say “Thank you.” ただ「ありがとう」と言うことしかできなかった。
  2. The best I could do was (to) call an ambulance. 私は救急車を呼ぶので精一杯だった。
  3. She had the kindness to help me. 彼女は親切にも手伝ってくれた。
  4. He had the rudeness to say such a thing. 彼は無礼にもそんなことを言った。
  5. He has something [nothing] to do with the crime. 彼はその犯罪と何か関係がある(ない)。
  6. Did it have anything to do with his success? それは彼の成功と何か関係がありますか。
  7. Computers have much [little] to do with my job. コンピュータは私の仕事と大いに関係がある(ほとんど関係がない)。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

仮定法

次の記事

動名詞