京大和文英訳1991年~1995年

1991

(1) 友情には、私利私欲をさしはさまないのが本当だと思う。私は友人に、私のために何か取り計らってくれと頼んだり、物質的な利益を得られるようにしてくれと頼んだりしたことはほとんどない。ただ友人とのつき合いを楽しみ、彼らも私とつき合って喜んでいるのを見て満足しているだけである。

In my view, friendship must not be affected by self-interest. I have almost never asked a favor of my friends or required them to bring material profits to me. I only enjoy their company and am satisfied to see them enjoy my company.

(2) 何によらず、これまでにできないと思っていたことが何かの拍子に突然できるようになったり、これまでよくわからずにもやもやしていたものが突然理解できたりするのは人生における大いなる喜びのひとつだと思う。そういう時はあたかも目の前の不透明なヴェールが一枚すっとはがれたような気がするものである。

One of the greatest delights in life is that what seemed impossible suddenly becomes possible, or that all at once we understand what was unintelligible. Then, we feel as if an opaque veil camee our eyes.

1992

(1) ヨーロッパの古い大学の多くは大都市の喧騒を離れた美しい田園か小さな町にあった。時代の目まぐるしい変化から一定の距離を保ち、思索と瞑想のうちに過去の文化遺産を検討し、次第に新しい文化をつくりあげていった。

Many of the old universities in Europe were located in the beautiful countryside or in small town away from busy urban areas. They examined the historic cultural heritage through contemplation and meditation, beyond [out of] the reach of rapid changes of the times, to create new cultures gradually.

(2) このごろ昔の長い小説を読んでいる。一つには、当今のものを退屈しながら読むくらいなら、前に読んで重い手応えのあったものを再読したいという気持ちになったためであり、もう一つには、長大な作品を書いていくなかで作者が成熟して行くのをみるのが面白くなったためである。

I read old long novels these days for the following two reasons. One is that I would rather reread impressive works than become bored with contemporary ones. The other is that I find it intriguing to see how the authors matured while composing long tales.

1993

(1) あなたがどこかの場所を訪れるとすると、当然のことながら土地が主人公となる。ガイドに案内されようと、ガイドブックを持って歩こうと同じことなのだ。まず、どこへ行こうかとプランを立てるそもそもの始まりから、場所が主導権を握り、あなたはその従順な奴隷となってしまう。

Once you decide to visit some place, the place becomes a main character as a matter of course. It doesn’t matter whether you travel with a tour guide or a guidebook. The place takes the initiative in planning where to go, while you become its obedient slave.

(2) 初対面の時には、相手が一体どんな人か分からない。何となく重苦しい雰囲気で、緊張しているし、多少とも不安である。そんな時、お互いにニコッと笑い合えたら、それで意思が通じ合えたような気になり、安心して話せそうに思えてくる。

At your first meeting, you have no idea what the person is like. You feel awkward somehow, nervous, and somewhat uneasy. At that time, if you smile at each other, you feel like you have mutual understanding and can talk at ease.

1994

(1) 雨は降らなくても降りすぎても災いを招く。天気予報という言葉さえなかった時代、先の天気は自分で判断するしか術がなかった。だから人々は真剣に空を眺め、風を読んだに違いない。天気に関わる言葉が豊富なのは、そのせいだろう。

Both little and too much rain can cause disasters. Before the term “weather forecast” was coined, people had no choice but to foresee the following weather. Thus people must have looked up at the sky and observed the winds. This is why we have a large vocabulary of the weather.

(2) 偉人の生涯は感動的で面白い。親や教師が教えることも模範を示すこともできないような、人間のすばらしい生き方、ものの考え方を伝えてくれる。幼少の頃に偉人伝から得た感動や教訓が幾分なりとも残存していれば、大人の世界も少しは変わってくるはずだ。

The lives of renowned people are moving and intriguing. They convey remarkable ways of living and thinking which our parents and teachers can neither teach nor set examples of. Grown-ups will alter if they remember some impressions or lessons they got by reading biographies in their childhood.

1995

(1) 茶室の窓はヨーロッパ的な意味の窓とは根本的に異なっている。それは外を見るためではなく、外の気配を感じとるためにある。我々はそこに映る樹木の陰がゆれるのを見て外の風を感じとり、この影が薄くなるのを見て日没を感じとる。茶室の窓は外の光を抑制して内部に入れることを役割としているのである。

The windows of tea-ceremony rooms work quite differently than European-style ones. They are designed to sense the world outside, not to look out. We feel outdoor breezes at the sight of swaying shades of trees on them and realize sunset when the shades fade. Those windows let the softened light into the rooms.

(2) テレビと比べて、本はつつましやかですが、それだけに子供にとってはわがままな対しかたが可能です。気に入った本をいつでも見られるし、ページを勝手にくることもできます。そのうえ、大好きなひとに読んでもらうという楽しみさえあります。

Books are more passive than television, but they enable children to use them as children like. They can read their favorite books at any time and turn pages freely. Moreover, they can also take pleasure in having a book read to them by their beloved person

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です