京大和文英訳1985年~1990年

1985

(1) 時間を正確に守らないのは、忙しすぎる人と、暇すぎる人に多いようである。前者は、他人は自分ほど忙しくないだろうから、少しぐらい待ってもらっても許されるだろうと考え、後者は他人にも暇な時間がどっさりあると考えている。どちらも自己中心の考えであることはいうまでもない。

It seems that unpunctual people are, for the most part, found among those with too little or too much free time. The former expect to be excused for keeping others waiting because others are probably not so busy as themselves; the latter assume that others, too, have as much leisure time as they do. Needless to say, both are egocentric in their way of thinking.

(2) 日本の庭は、むかしからよくいわれるように、みる庭であって、そこで運動をしたり休息したりするような、なにかの行為をする庭ではなかったのである。戦前にそだった人たちは、子どものことに、母親から「お庭で遊んではいけません」といってしかられた記憶をたいていもっているだろう。

Japanese gardens have been, as was often said since early times, ones to look at, not one in which to do something, such as exercise or resting. Most of those who were raised before the World War II may recall being scolded as children by their mothers saying, “Don’t play in the garden,”

1986

(1) 学生時代に、一人だけでよいから外国人の親しい友人を持ちなさい、と言いたい。そうした友人がいないということ自体が、世界の尺度に当てはめてみれば、きわめて異常なことだ。これも日本が永年、世界から隔絶された、閉鎖的な社会であったからである。

I would suggest that you have at least one foreign friend in your school days. If you do not have such a friend, it is quite unusual from an international point of view. This is because Japan was a closed society, long isolated from the rest of the world.

(2) 本を読んでその著者に惚れこんでしまったら、何としてでもその著者に手紙を書き、会うことをおすすめします。著者というものは、自分の書いた本の評判は非常に気になるものです。それが読者から手紙をもらったりすると、どんな有名人でもうれしくなるのは普通の人と変わらないでしょう。

I would recommend that, if you are a great fan of an author, you write to and see him or her anyway. Authors are very curious about what their readers think of their works. Probably they are, however famous, as pleased to receive a letter from their reader as ordinary people.

1987

(1) 現代社会では、お互いの利害関係によって結びつくことが多い。ともすれば人間そのものは社会的、経済的地位のかげにかくれて、かすんでしまいがちである。もっと個人の魅力に基づいた人間関係を築き、うるおいのある社会にしたいものだ。

In modern societies, we are often connected with each other through mutual interests. Our human nature is likely blurred behind our socioeconomic position. I hope that our society will be warmhearted by building relationships based more on personal attractions.

(2) ここは伊豆半島中部の小さい村である。バスの終点になっているY村からさらに2キロほど山へ入っている。村から都会へ働きに出ているものや、他郷へ嫁いでいる女たちの何人かは、正月休みに村に帰ってくる。毎年帰ってくるものもあれば、何年かぶりで顔を見せるものもある。

This is a small village in the central Izu Peninsula. It is about two kilometers farther away from Y village, a bus terminal. Some of the people who moved to the cities to work and the women married men living in other districts come back home during New Year’s vacation. Some return home every year, and others appear after several years’ interval.

1988

(1) 今の世では、自然の季節に人工的な修飾がほどこされている。私たちの周囲では花が季節に先立って咲き、以前は季節季節にかぎられていた野菜や果物がいつでも食卓を飾っている。季節感のそがれる世の中である。

Nowadays a seasonal transition is artificially altered. Around us flowers bloom ahead of the season. Vegetables and fruits, having been seen only in their own seasons before, are always giving color to our tables. We lose a sense of seasons.

(2) 大人になるためには、何かを断念しなくてはならない。単純なあきらめは個人の成長を阻むだけだが、人間は自分の限界を知る必要がある。単純なあきらめと異なり、大人になるための断念は、深い自己肯定感にもとづいている。

In order to grow up, we have to give up something. Simple resignation prevents our growth. However, we need to know our limitations. Unlike simple resignation, resignation to mature is based on a profound sense of self-approval.

1989

(1) たとえば青信号で人や車は進み、赤で停止する。このとりきめは世界に及ぼしうるし、現に及んでもいる。普遍的という意味で交通信号は文明である。逆に文化とは、日本でいうと、婦人がふすまをあけるとき、両ひざをつき、両手であけるようなものである。立ってあけてもいい、という合理主義はここでは、成立しえない。

People and cars go at a green light and stop at a red light. This rule can be and is actually prevalent. Traffic lights are a form of civilization in that they are universally accepted. On the other hand, culture means that, in Japan, say, a lady opens a sliding door on her knees and with her both hands. The rational idea that she can open it on her feet can never be accepted.

(2) おそらく、人間というものは真に心の成熟を遂げるためには、一般に否定的な評価を受けている、憎しみ、怒り、悲しみ、などの感情を体験することも必要なのであろう。そして、そのようなことを体験しつつ、なおかつ切れない人間関係として、家族というものが大きい意味をもつのである。

In order to mature mentally, probably a human being needs to experience emotions generally regarded as negative, such as hatred, anger and grief. In addition, the family is of great significance as a relationship unbreakable through such experiences.

1990

(1) 使い捨ての時代だと言われる。まだ使える電気製品や家具ばかりか、ペットまでがゴミとして捨てられるしまつである。なるほど生活の物質面は豊かになったが、心の生活はますます貧しくなってしまったようである。身近な物や動物への愛情なくして、人間への温かい気持ちを期待できるわけがない。

This is said to be the period of “throw away.” Some people dispose of pets as well as usable electric appliances and furniture. It seems that, while the material aspect of our lives has become rich, the spiritual aspect has become poorer and poorer. Without any love for things or animals around us, we cannot have a warm-hearted feeling for humans. .

(2) とにかく、何か喋ろう。自分について何か喋ることから全てが始まる。それがまず第一歩なのだ。正しいか正しくないかは、あとでまた判断すればいい。僕自身が判断してもいいし、別の誰かが判断してもいい。いずれにせよ、今は語るべき時なのだ。そして僕も語ることを覚えなくてはならない。

Let’s say something, anyway. Everything will start when we talk about ourselves. That is the first step. We should judge later whether it is right or wrong. Either I or someone else can judge it. In either case, this is time to talk. And I must learn to speak.

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です