大阪大学英文和訳1990年第1問

(A)

In the age of abundance, the apparent availability of virtually all material necessities tended to lead people to expect speedy gratification of their desires and to have little sense of the length of time over which people in other times and places had had to wait in order to have some of their more basic material needs satisfied.

物が溢れている時代には、物質的な必需品がほとんどすべて手に入りそうに思えるため、人々は自分の欲望がすぐに満たされると期待し、時代と場所を異にする人々はもっと基本的に必要な物を満たすためには長い間待たなければならないことをほとんど感じない傾向があった。

(B)

The people that Butcher (アメリカの写真家) photographed were intensely aware of the ability of the photograph to freeze time and, in a sense, provide immortality.

ブッチャーに写真を撮られた人々は、時間を止め、ある意味で永遠を感じさせる写真の力を強く感じていた。

In a number of his pictures, people hold photographs to replace deceased or absent family members.

彼の多くの写真の中で人々は亡くなったりその場にいない家族の代わりにするために写真を手に持っている。

In such cases photographs ascend to the status of a real person.

そのような場合、写真は現実の人間の地位にまで上りつめる。

It is perhaps because of this respect for the image that people were seldom photographed in less than their best clothing.

人々が最高の服装以外の恰好で撮られることがめったになかったのは、おそらく画像に対してこのような敬意が払われたためだろう。

In fact, there are records of family members’ being excluded from family photographs because they did not own proper attire.

実際、家族の一員でありながら、まともな服がないという理由で家族写真に入れてもらえなかったという記録が残っている。

Follow me!

大阪大学英文和訳1990年第1問” に対して1件のコメントがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です